【ハーツクライ】祝!G13連勝。産駒の傾向を考える その2

いやぁ、ジャスタウェイ強かったですね、ここ数戦のような圧倒的な着差をつけての勝利ではありませんでしたが、苦しい態勢から力でねじ伏せる。これができるってのはやはり横綱の力を完全に身に付けましたね馬場状態は最悪の中、直線まで馬群に閉じ込められながらも、自らの力で抜け出してきたレースぶりは乗り替わりも関係なかったレース前は重箱の隅をつつくようなことを言っていた穴党も脱帽でしょうね宝塚記念にも出てきてほしいけど、どうでしょうね~?今日の競馬で中2週はきついかな?一応投票しましたけど
さて、そんなハーツクライ産駒はオークス、ダービーに続き、G13連勝中です。前回考察した走る産駒の1つ目の傾向に基づき、面白そうな1、2歳の産駒をピックアップしてみたいと思いますちなみに2歳はPOGメイン、1歳は一口メインに考えて、1歳は社台Gの牧場のみを対象としています

【2歳】
母タヤスブルーム(Caerleon) 牡
母ポンテペルレ(Green Desert)牝
母ラブレター(Rock of Gibraltar)牡


【1歳】
母シャドウキャスター(エリシオ)牡
母ドリームモーメント(Machiavellion)牡


来年はハーツクライ産駒が少ないみたいですね。100頭いないようです。すでに発表されている社台、サンデー、G1にも1~2頭しかラインナップされてない感じなので、他のクラブも少ないと思います。上に挙げた仔らも募集されないかもしれませんので、あしからず

今日の安田記念は不良馬場でしたが、僕が一番思い出に残ってる安田記念も不良馬場。タイキシャトルの制したレースです。この馬はホントに強いな、と思いましたあの時は海外壮行レース。今日はジャスタウェイの凱旋レースでした


フジテレビの実況じゃないのが残念

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment