【東サラ】無念…三度目の正直も落鉄…

三度目は3着…レッドオーディンのレース後コメントです

14.01.24

1月24日レース後コメント
田中調教師「ゲートの中でそわそわしていて、トモを落とすような形でスタート。出ムチを入れて一気にスピードを乗せて、積極的にハナを奪っていきました。このまま力の違いで一気に押し切るものと見ていたのですが、手前を替えてからの動きが悪く、最後は流すような形でゴール。故障かと思って慌ててチェックしたところ左前を落鉄していて、爪がぽっこりと抉れたような状態でした。木村騎手によると、左手前に替えたら反応がないどころか馬が明らかに痛がっていたので、さすがに直線は追わなかったとのこと。恐らくゲートを出る時に後ろ脚で突っかけて落鉄したんだと思います。練習では全く平気なんですが、どうも実戦だとゲートの中でテンションが上がってしまいます。爪をケアしながら伸びや回復具合を確認していく必要がありますので、申し訳ありませんが最低でも3週間はもらいたいと思っています。心身の状態と爪の具合を見ながら進めていきます。このような結果になってしまって本当にすみませんでした」


今度は落鉄ですか…なんともついてない仔ですねこのひと月で三走。出資馬が地方に出向になるのは初めてですが、中央に早く戻すために頑張ってくれるのはわかります。しかし、こんなペースで走らせるのがふつうなのでしょうか?元々不得手なダート・短距離を走らされた上、道悪、落鉄と踏んだり蹴ったりですただ不幸中の幸いなのは、落鉄によりちょっと間隔が空きそうなので、オーディンには束の間の休息になりそうなことですねちょっとでも疲れを取ってほしいと思います

022-423a2ordin130616-07.jpg
どうか走ることに嫌気が差してしまわないように…
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment