両睨み

七夕デーに初勝利を目指すレッドオーディンの近況です

13.06.27

(大竹厩舎)
曳き運動のみ。
厩務員「昨日追い切ったので、今日は曳き運動での調整でした。最初はチャカチャカしたところを見せていましたが、周回を重ねるごとに落ち着いて歩けていました。出掛けの歩様もしっかりしていて、硬さもありませんでしたよ。後膝の方も今のところ良い意味での平行線で、問題はないと思います。飼葉もしっかり食べていますよ
13.06.26

(大竹厩舎)
6/25(火) 坂路 62.4-45.5-29.3-14.8 馬なり
坂路下馬場で運動後、坂路2本で追い切る。
1本目 68.0-50.0-32.8-16.1 馬なり
2本目 53.5-38.3-25.3-12.5 馬なり
大竹調教師「レース後も疲れなどは見られず、後膝も落ち着いていますね。当初は新潟で使う事を考えて、放牧に出す事も考えていましたが、暑くなってきて体重が減ってしまう心配もあり、好調をキープしていることも考えて、このまま厩舎で調整して行くことにしました。今のところ、7月7日の福島・芝2600mと7月13日の函館・芝2600mの両睨みで考えており、福島の場合は北村宏騎手で行きます。今日は単走で軽めに追い切りましたが、感触も良く、集中して走っていましたし、左に張るようなところもありませんでしたよ


おぉ、ここに来て函館の可能性も出てきましたか!美浦からの輸送は気になりますが、前からジャンポケ産駒なので洋芝は合うだろうと思ってたので、見てみたい気持ちはあります前走で道悪はダメだったので、洋芝も若干?な部分もありますが、上がり勝負より持続力を求められるレースのほうが向いてるのは間違いないと思うので、正式決定が気になるところですまぁ福島になったらなったで、北村Jが載ってくれるのでいいんですけどね今は無事に迎えられることを祈るのみです!

album_redodin_3.jpg
次は今までと違って、平坦小回りだからのんびりするなよ~
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment