ゲート再審査のち放牧=新潟

発走調教再審査を課されてしまったレッドラウディー、レース後のコメントです

13.06.10

6月8日レース後コメント
横山典騎手「少し繊細なところがあって、初めてのことばかりで気を使っていた感じですね。その延長でゲートも嫌がってスタートも遅くなってしまいました。そんな感じなので、もっとガッと行ってしまうかなと思いましたが、競馬では折り合いもついたし、レースぶりとしては初戦としては言うことがなかったと思います。最後もよく伸びていますしね。色々慣れるであろう次は変わるだろうし、距離も伸びても大丈夫そうですね
国枝調教師「初めてのことばかりで装鞍所からずっと気を使っていましたね。そのわりには競馬ではうまく走っていましたし、距離ももっとあっても問題なさそうです。ゲート再審査になってしまいましたし、一回出して新潟あたりを目標にしていきます


ゲートはお行儀悪かったですが、それ以外はノリさんも褒めてくれてますし、勝てはしませんでしたが、立ち上がり上々の結果と言えそうです
特にガーッと行って一本調子な走りをするのでは?戦前思っていただろうノリさんの予想を覆す、引っ掛からなさ加減(笑)まぁ次に好スタートを切った時に、どうなるかはまだ分かりませんが、昨日のレース振りだと距離延長してしかるべしでしょうね
というわけで、調教再審査の後は短期放牧に出て、新潟に照準を合わせるようです国枝先生がどこまでこの馬でクラシックを意識してるか分かりませんが、次も左回りになりそう今度はもっと直線が伸びるかわりに、平坦コースなので、よりキレが求められます。おそらく1600か1800でしょうから、そうすると必然的にスローからの上がり勝負ここで33秒台前半の脚を使えるようでしたら、ちょっと来春が見えてくるかな?と今から妄想しています(爆)
まずは目の前のことをひとつひとつこなしていってほしいと思いますあ~待ち遠しい

IMG_0205-300x2250607.jpg
ゲート再審査めんどくさいな~ふわぁ~あ…ねむっ!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment