もしかして東京かも!?

ゲートから解放されたレッドオーディンの近況です

13.03.28
 (大竹厩舎)
坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、南500m角馬場に移動して軽いキャンターを10分。その後、ウッドコースにて単走で追い切る。
 71.0-54.7-40.0-13.6 馬なり
大竹調教師「今日は坂路下でダクを踏んでから角馬場で軽く乗り、その後はウッドコースに出て、誘導している馬について行く形で追い切りました。昨日の雨で馬場も重くなっていたので、あまり無理をしないようにと指示を出していましたが、スタンド前から出て長目を行ったわりには、最後までしっかり走っていましたね。初めてにしては良かったと思います。全体的な時計は遅いのですが、3Fから40秒くらいというのは予定通りだったので、この感じで徐々にペースを上げて行きたいと思います。後膝の方もしっかりケアしていきます」
柴山騎手「今日は初めての追い切りでした。角馬場で乗っている時は、首を斜めに上げたりして、うるさいところを見せたりするのですが、追い切りではスムーズに走っていましたよ。ハミもしっかり取っていたので、どちらかと言うと速いところに行った方が良いですね。馬場も重かったので、最後は肩鞭を入れて気合つけなければバテるかと思っていましたが、最後まで余裕のある動きを見せていたので、これから乗り込んで行けばさらに良くなって行くと思いますよ
13.03.27
 (大竹厩舎)
3/24(日) 坂路 56.0-41.5-27.1-13.3 馬なり
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路で1本乗る。
 65.6-48.8-32.1-15.8 馬なり
大竹調教師「昨日は坂路を1本乗ってから、ウッドコースにて直線だけ15-15を乗ったので、今日は坂路1本を16-16のペースで乗って調整しました。以前入厩した時は、飼葉も時々残したりしていましたが、今は与えた分はしっかり食べているので良いですね。後膝の方も、ケアしながらやっているおかげで、今のところ良い意味で変わりなく来ています。先週は少し疲れも見られましたが、ゲート試験の後に少しゆっくりさせたせいか、元気も出て来ているので、明日は坂路かウッドコースで追い切る予定でいます。前回はゲート試験を受ける前に放牧に出しましたが、今回は何とかレースを使えるように頑張って行きます。明日の追い切りの内容によりますが、今のところ福島か東京の芝を両睨みで考えています


先週はゲート試験を頑張ったせいで少し疲れが出たということでしたが、休んで元気になったようですそして初めての追い切り。ウッドコースでした。大竹師の指示通りの時計で走れましたし、何より柴山Jによれば、馬場が重かったわりには余裕があるとのことで、これなら今後の調教にも耐えていけそうですホッとしてますなんだか今まで待ったおかげで、ようやく良い方に向いてきた感じで嬉しいですしかも!当初福島参戦を示唆していた大竹師ですが、ここに来て東京の可能性も出てきたようです!てことは4月後半ぐらいでしょうね大竹先生、なんとかそこまで連れてってください!

ordin-1.jpg
本日のスタッフブログにも取り上げてくれました!


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment