無事に再入厩

近日の詳細が明かされないまま、無事に入厩したレッドオーディンです

13.03.06
 (ノーザンファーム天栄→大竹厩舎)
乗り運動後、南500m角馬場でダクと軽いキャンターを15分くらい乗り、その後、ゲート練習。
大竹調教師「昨日検疫が取れたので、予定を前倒しして入厩させました今日は角馬場でジックリ乗ってからゲート練習をしました。角馬場で乗っていても、尻っ跳ねをしたり、尻尾を振ったりしていて、まだ全体的にしっかり走れていない感じでしたね。1回目のゲートの入りはスムーズで、駐立も大人しかったので、手開けで軽く出してみましたが、良かったですよ。ただ、2回目は駐立の時に後ろ脚で蹴ったりして、ゲートの中でうるさくなってしまいました。今日の感じだともう少し練習が必要だと思います。入厩直後で少しテンションも高くなっていたので、この後は少しでも落ち着かせるようにして行きたいと思います」
柴山騎手「前回の入厩時にも跨らせてもらいましたが、今日も相変わらず尻っ跳ねをしたり、尻尾を振ったりしていましたね。ゲートも1回目は良かったのですが、2回目はうるさいところを見せていました。ただ、1回目の練習でピリピリして来た感じなので、そのあたりを考えながら進めて行けば心配はないと思います。気持ちは前向きですが、後ろがまだしっかりしていないので、これから良くなってくると思います


「いつ入厩するのかな?」と思ってたら、前倒しで入ってきたようですそしていきなりゲート練習。そのためか、テンションが上がってしまったみたいですただ、いきなりこれだけできるのも順調な証だと思うので、環境に慣れて落ち着いてくれば、ひとつずつ課題をクリアしていってほしいですね
大竹調教師だけでなく、柴山Jもコメントをくれて嬉しい限りですこのまま稽古を付けて、いろいろと教えていってもらえるといいですね

org_kinkyo_LinguaFranca10_21.jpg
前回の入厩時は短いものだったので、今は慣れることが大事ですね
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment