暗雲立ちこめる

いよいよ本格始動のレッドオーディンですが…

12.11.29 
(大竹厩舎)
曳き運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい乗る。
大竹調教師「昨日の午後、左右の飛節のレントゲンを撮ったところ、左の飛節はキレイだったのですが、腫れた右の飛節は、大きな異常はなかったものの、あまり良い感じではありませんでした。ただ、昨日休ませて少し良くなったので、今日はダクだけ乗ったのですが、歩様に気になる感じはなかったですね。火曜日も乗った後に午後から腫れて来たので、今日も午後からしっかり様子を見て行きたいと思います。明日も今日と同じ感じなら軽く乗って行く予定でいますが、しばらく様子を見て、あまり良くないようなら、2歳馬ですし今は無理をするところではないので、放牧に出してしっかり治してからやる事も考えています。もう少し様子を見て行きます」

12.11.28 
(大竹厩舎)
大竹調教師「昨日乗った後、午後から右の飛節に腫れが見られたため、今日は大事を取って休ませました。今日の午後に念のためレントゲンを撮りますが、特に問題がないようなら、明日から様子を見て乗って行く予定でいます。腫れは少しずつ落ち着いて来ていますよ」


やっとのことで入厩したのに、いきなりこんなことになるなんてショックです…
決定的な故障ではないので、このまま状況が好転していくことを願うばかりですが、これからはおそるおそるの調整が続きそうです牧場に逆戻りすることがありませんように

org_kinkyo_LinguaFranca10_21.jpg
大竹師の腕に期待しています!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment