仙台の今&レジーナはお疲れ!?

月曜から出張で仙台に行ってました

110727_1600~01
大宮を大きくしたような感じです

人生初の仙台でしたが、震災の足跡がどのくらい残ってるのか?という
気持ちもあり、少し緊張しながら乗り込みましたが、その日の早朝(夜中)
また震度5の地震があったため、新幹線は通常通りだったものの、在来線の
ダイヤは大幅に遅れていました
街の中心部は、ほぼ日常を取り戻しているものの、住宅地などではこんな
様子が数多く見られました

110727_1018~01
ブルーシートが掛けられてるところが至るところにありました

僕の泊まったホテルもなんとか予約が取れたものの、復興業務で現地に乗り込んでる
方が多いため、どこも満室これから先も予約がいっぱいのようです
街の皆さんも前向きに頑張ってらっしゃるので、少しでも早く元の生活に戻ってもらいたいと
思います来月には七夕祭も行われます

110727_1558~01
頑張れ、宮城県!頑張れ、東北!


さて、ガラッと変わって、日曜に出走したレッドレジーナのコメント&近況です

11.07.24 (日) 京都 レッドレジーナ 3歳上500万 ダ1800 鮫島良太 4 7
鮫島騎手「スローだったし、ペースが上がった時についていけませんでした
現状、瞬発力に欠けるので、展開も向かなかったと思います」
藤原調教師「鮫は指示通り乗ってくれたよ。内容は良かったけど、最後の踏ん張りが利かなかった。
まだキャリアの浅い馬だしね。上がりの競馬もこの馬には合わない感じだし、勝馬の時計も
1000万クラスの時計だったよ


11.07.27 
(グリーンウッド)
本日、グリーンウッドに放牧に出ました。
藤原調教師「帰厩後、獣医師に確認してもらったところ、全体的なダメージもありましたが、
特に腰の疲労が著しいとの診断。昇級初戦のレースで、時計も速かったし、
強い相手に頑張っていたからね。さすがに堪えたようだ。状態次第では引き続きの調整も
考えていたが、元々が体質の弱い馬。この状態で次走に向けて調整していっても、
何も良いことはない。素質はあるし、ここは無理せず、全身に笹針を打って
しばらくグリーンウッドで調整していくことにします。更なる成長に期待しているよ」


やはり昇級初戦で初のパサパサ馬場は堪えたようです
元々腰が弱い馬。調教と実戦をこなしていく中で、蓄積していったのでしょう
ここはゆっくりリフレッシュして、戻ってきてもらいたいと思います

レジーナ2戦目2
しっかり休んで、元気に戻ってくるんだよ~
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment