FC2ブログ

【キャロット2歳】デビューのカギは飼葉食い

2か月ぶりに戻ってきました、ヴァンデスプワール(ピュアブリーゼ18)の近況です!

20/10/7  高橋文厩舎
7日は軽めの調整を行いました。「先週末の検疫を確保できましたので、そのタイミングでトレセンへ連れてくることにしました。今開催中の競馬を考えられそうな状況にあるということで早速進めていこうとしているのですが、どうもカイバの食いが安定しませんね…。やれば動いてしまいそうにも思える馬なだけにオーバーワークが心配でもあるので、慎重に進めていこうと考えています。現時点ではここと決めつけないようにしていて、新潟か東京か、動きや体を見ながら検討していくつもりです」(高橋文師)

20/10/3  高橋文厩舎
2日に美浦トレセンへ帰厩しました。

20/9/29  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「日を選んで強い負荷をかける調教を課し、その他はゆったり、じっくりと動かすようにして体が堪えないように配慮しながら調整を行っています。ここまでの経過は悪くなくこれならば思惑通り10月後半か遅くとも11月にはデビューを考えられると判断して、高橋調教師には近々の移動の打診をしてあります」(天栄担当者)

20/9/22 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「経過は悪くなく、この中間の調教もしっかりと行えていますよ。3ハロン40秒ほどの強い調教を何本も課しているわけではないのですが、14-14前後を入念に重ねてきて悪くない状態になってきています。この後の様子を見たうえで最終的な話をして今後の予定を決めていければと考えています」(天栄担当者)

20/9/15 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「まずまずと思える状況にあり、この調子で乗り込んでいければ最短10月後半くらいのデビューを考えることもできるかもしれないなと思えるようになってきていますよ。高橋調教師とはまだ具体的な相談はしていませんが、この後の様子を見て話を持ちかけてみます」(天栄担当者)


1か月前ぐらいから牧場側は帰厩をちらつかせてましたが、高橋師と折り合わなかったか、なかなか戻ってこないな~と思った矢先に移動しました以前から懸念材料であった馬体重ですが、戻ってきても飼葉食いが安定しないとのことで、調教を強めていっても耐えられるかどうかがポイントになってきそうです
やれば動ける素質はありそうとのことで、その点は良いのですが、長い目で勝ち上がりを目指していかないといけないかもしれません今週もそうだったように、今は台風などで雨の多い時期ですが、小柄ながら血統的にその点は大丈夫そうなので、むしろ道悪歓迎です
恐る恐るの調教であれば、10月中のデビューはないでしょうから、早くて11月半ばぐらいでしょうか?一応11月1日、8日、21日に府中で牝馬限定のマイル戦がありますね小柄なので、しっかり飼葉を食べて順調に調教をこなせれば、11月頭の可能性もあるでしょうか?1日なら天皇賞当日ですし、ジョッキー揃ってるけど、まずはこのまま無事に進めていってもらいたいと思います

200731vendespoir.jpg
母のデビュー戦は434kg。せめてこのぐらいにはなってほしい



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment