FC2ブログ

【2018シルク&キャロ出資馬】皮肉な現実

8月に入り、我が厩舎の3歳未勝利馬はこぞって出走しましたが、いずれも勝ち上がれず…すでに2頭は引退が決定しましたが、昨日敗れた2頭もこのまま引退となるでしょう

【フレジエ】4戦0勝
191110fraisier_3.jpg

レース結果
フレジエ[父 ハービンジャー : 母 ヒカルアマランサス]
 8/8(土)札幌4R 3歳未勝利〔芝1,500m・14頭〕10着[12人気]

引き続きシャドーロールとチークピーシズを着用しています。モッサリとしたスタートからスッと加速できず最後方を追走します。3~4コーナーからジワジワ押し上げていき、最後の直線で外に出して追われますが、目立つほど伸び切れず10着でゴールしています。

安田翔伍調教師「輸送がない分、前走よりプラス体重でレースに臨むことが出来ました。ただ、レースでは出掛けの硬さに加えてトモの踏み込みの甘さが影響して、ゲートの出がモッサリでしたね。レース後に団野大成騎手に聞いたところ、『返し馬では出掛けの硬さが気になりましたし、トモの嵌りがもう一つでしたので、急がせると良くないなと感じました。ゲートも同じで、トモの踏み込みが甘く、スッと出ることが出来なかったので、前半は無理せずに自分のリズムを守って追走しました。ペースが速くなかったこともあって、手前を替えても聞いていたほどブレーキを掛けることはなく、ジワジワ押し上げていくことが出来ました。最後の直線では前の馬が苦しそうでしたので、脚を余す形になってしまうのだけは避けようと思い、外に出して追い出しましたが、ジリジリとしか伸びてくれませんでした。結果論になりますが、内で我慢してスペースが空くのを待った方が良かったのかもしれません』と話していました。覚悟を決めてスペースが空くのを待った方が結果的には良かったのかもしれませんが、前が詰まって脚を余す形になってしまう恐れがあったので、あの判断は仕方ないと思います。レース後、歩様の硬さが気になったので、脚元を触ったところ両前のソエを気にしていました。優先出走権を獲ることが出来ず、未勝利戦がある内に節が足りるか分からない状況ですし、仮に使えたとしても脚元のことを考えると良い結果を望むのは難しいと思います」

中央競馬の未勝利戦があるうちでの出走が難しい状況となり、コンディションやこれまでの競走内容を踏まえ、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたします。今後は繁殖牝馬となる予定ですが、詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


一番出走数が少ないこの馬が一番最初に引退が決まりました正直、馬格がないし、ビシビシ鍛えられないのは苦しいところでしたでも血統から行けばもっと走れたはずですが、この厩舎に入ったのが間違いだったかなぁと思いますなかなか使わない上、ハービンジャー産駒なのにダートに使ったり、やる気のなさを感じずにはいませんでした
二世調教師には気をつけた方がいいですね。最初から転厩馬でも新規でもいい馬が行くから、やれるだろうと思いますが、やはり厩舎は大事です
とりあえず、今後の出資検討に置いて、この厩舎は外すこととしますフレジエだけに甘い夢を見させてくれると思ってましたが、僕の考えが甘かったですね!今後は繁殖で良いお母さんになってください。お疲れ様でした

【エルスネル】6戦0勝
190929elsner.jpg

レース結果
エルスネル[父 ロードカナロア : 母 サンドミエシュ]
 8/15(土)小倉2R 3歳未勝利〔芝1,200m・18頭〕9着[8人気]

引き続きブリンカーを着用しています。モッサリとしたスタートから流れに乗り切れず、後方からのレースとなります。なかなか前との差を詰められず、最後の直線で外からジリジリ脚を伸ばしますが、上位馬を捉え切るほどの脚は見られず9着でゴールしています。

西園正都調教師「小倉競馬場に到着した後も疲れはなく体調は変わりないまま、良い状態でレースに向かうことが出来たと思います。開幕週の馬場なので時計は速くなるだろうなと思っていましたが、予想以上に速くなり追走で一杯になってしまいましたね。レース後、藤岡康太騎手に聞いたところ、『確かにスタートはそこまで速くなかったですが、それよりも周りを気にしてか進みがもう一つで流れになかなか乗っていくことが出来ませんでした。前が飛ばしていたので、最後はもう少し差を詰め寄れると思っていましたが、この馬なりに最後は伸びてくれたものの9着が精一杯でした』と話していました。開幕週の馬場とはいえ、上位馬に1.07秒台で走られては、さすがに後ろからではあの走りが精一杯だったと思います。最低限、掲示板を確保して優先出走権は獲らないといけない状況だっただけに、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

中央競馬の未勝利戦があるうちでの出走が難しい状況となり、これまでの競走内容を踏まえ、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたします。近日中に抹消の手続きを行わせていただき、20日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


この馬は最後まで6着と9着だけという、ロックな馬でした(笑)今年の募集にもこの馬の弟がいました結局最後まで残ってしまい、責任の一端はこの馬にあると思いますが、それ以上にどうもこの母の繁殖能力を疑問に思わざるを得ませんこの馬も牡馬としては馬格がなく、なかなか調整が難しかったのではないかと思いますその点、サンドミエシュ19は馬格はありそうなので、それだけで兄を超えているかもしれません
この厩舎は使うイメージで、その予想通りそこそこ使ってくれましたが、掲示板に載れないことで思うように出られなかったのが大きかったですね。距離や芝ダートの適性も結局どこかわからぬままの引退は無念ですが、単純に能力不足だったと思います。というわけで、この厩舎にはリベンジの意味も込めて、シャンボールフィズ19に出資しました
アーモンドアイが牝馬2冠を達成した直後の募集だっただけに、微妙に価格も盛られてしまい、高い出費となってしまいました牡馬だけに勝ち残ってほしかったですが…。無事にサラオクで230万ほどで落札されたようなので、新天地で頑張ってくださいお疲れ様でした

【ハーモニクス】6戦0勝
200307harmonics_3.jpg

レース結果
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 8/22(土)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕9着[4人気]

初ブリンカー着用。やや躓くようなスタートになってしまい、後方からの競馬になります。勝負どころで外から徐々に上がっていくも、直線で止まってしまい、9着で終えています。

武市康男調教師「今日は出負けしたことが全てですね。3~4コーナーでは自らハミを取って動いてくれていましたので、ブリンカーの効果は有ったと思います。ただ、切れるタイプでは無いですし、前に行って粘り込むような形の方が合う馬ですので、厳しいレースになってしまいました。隼人(吉田隼人騎手)のコメントは『前が止まらないレースで、後ろから競馬した馬たちにとっては厳しい展開でした。ブリンカーの効果に期待して前走よりも前で運べるかなと思っていたのですが、スタートして躓いたのが痛かったですね。前目で運べればここまで負ける馬ではないです。また、向正面で他馬に合わせて捲っていくことも考えましたが、動くと直線では脚を使えないと感じで、終いに賭ける競馬をしました。それが却って良くなかったのかもしれませんね。上手く乗れずに申し訳ないです』とのことでした。今回も状態的には申し分無かっただけに、勝ち切ることが出来ずに申し訳ございませんでした」

中央競馬の未勝利戦があるうちでの出走が難しい状況となり、これまでの競走内容を踏まえ、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたします。今後は繁殖牝馬となる予定ですが、詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


この馬はキンシャサ産駒でタイムレスメロディの妹ということで早期デビューを期待したところ、骨折で大幅に遅れてしまいましたそのため初陣は3月。その割に6戦も消化してくれまして、上のフレジエより多く、エルスネルと同じです。巷で武市厩舎の評判は良くないようですが、この馬に関してはその悪評を実感することはできませんでした期待した最後のレースは、スタートで隣の馬に寄られて後手に回り、終了。不完全燃焼でしたが、仕方ありません繁殖として上がれるのかわかりませんが、短い間ながら頑張ってくれましたもっと早くから見たかった、お疲れ様でした

【タイズオブハート】7戦0勝
191005tiesofheart_9.jpg

20/8/22  森田厩舎
22日の小倉競馬では五分のスタートから促しつつ中団後方を追走。3コーナーから進出し、直線は最後脚を使ったが差を詰め切れず9着。直線はジリジリ前に迫りましたが、今日は1200m戦ということでスタートからやや忙しくなり、終始外に張るような走りになってしまいました。このあたりはこの距離に慣れも必要だったのかもしれません。馬体はだいぶパンとしてきたところですが、優先出走権を逃したことで実質的に未勝利戦の期間内に出走は困難と思われる状況のため、今後について協議を行っていきます。


結果的にこの馬が一番たくさん走ってくれましたただし、最後のほうはなかなか出走できないため、未勝利馬なのに在厩3か月ということになり、その間3走。レースで掲示板に載れないから、思うように出走できないのですが、今年は新潟札幌の2場開催だったこともあり、距離も合うところがなかったように思います最後の1200は1600からの短縮で、スタートからついていくのに一杯で今の前が止まらない小倉では勝負になりませんでした。やはり1400ぐらいがピッタリだったのかもしれません
結果的にデビュー戦でダートで2着したばっかりに、その後4戦目までダートで引っ張ることになり、結果を残せず切羽詰まった感じでしたもう少し積極的にいろいろ試してほしかったな、と思いますこの馬も以前出資したコンフェッシオンの妹でしたが、今をときめくキズナ産駒だったので出資できて良かったなと思いますそれだけに結果が残せず残念でした母もNFから出されたので、この仔も残れるかわかりませんが、まだ引退とは明言されていないものの、良い結論を導いてもらいたいと思いますお疲れ様でした

というわけで、現3歳世代は2018年募集の時。この年からシルクは「抽優」が導入され、一次全滅という悲劇を味わったため、1.5次で頑張って出資した4頭(ナイトオブレディを含む)。以前はシルクは「残り物に福がある」と言われてましたが、この世代ぐらいから様子見もままならず、1次でしくじったら1.5次でなんでもいいから出資するという流れが出来上がりつつありました
結果、一番安かったナイトオブレディのみが勝ち上がるという皮肉な結果となってしまいました。もうシルクの残り物に福はないのかも…
そして、キャロに入会というきっかけにもなりましたキャロは元々会員の方の見る目は肥えてるので、残り物に行かざるを得ないことはわかってましたし、それで勝てれば最高でしたが、結果を残せず残念ですその宿題は2世代目以降に託したいと思います

というわけで、我が厩舎の3歳世代は1頭のみとなってしまいましたが、再来週復帰予定のナイトオブレディには皆の分まで頑張ってもらいたいと思います他の4頭、ホントにお疲れ様でした

200202knightoflady_6.jpg
次走はダート予定!今や500キロになりました!





スポンサーサイト



4 Comments

ヒロ  

シルクが終わると

レプティリア様

シルクが終わるとすぐにこの季節ですね
プロ野球のドラフト直後に各球団から自由契約選手が発表されるのとそっくりです。
私の3歳は、幸いにして3頭共勝ち上がっているので悲しい思いは免れていますが、球節が痛いだの、体重が維持できないだのと騒いでおります。

この週末、シロインジャーの初子牝馬が芝の新馬戦を5馬身差で圧勝しましたね。
シロインジャーはハービンジャー産駒なのにダートばかり走らされ、未勝利で終わっていました。
更に母のユキチャンは芝のミモザ賞を勝ってるだけに、もともと芝での適性はあったはずです。

シロインジャーの厩舎を見てみたら悪名高きあの厩舎でした。
さらに調べてみると、この厩舎はディープインパクト産駒を8頭も預かり、その馬たちを1頭だけダートで1勝させたのみであとは未勝利で引退させています。
更に言うと、過去に私の馬もろくに調教もせずに新馬戦に出走させ、そのレースで骨折引退に追い込まれています。

本当に厩舎は大事ですね。

2020/08/24 (Mon) 09:27 | REPLY |   

レプティリア  

ヒロさん

こんにちは^^

毎年この季節は、毎週切羽詰まった思いで迎えています(^-^;
ノーザンの仕分けはホントに上手だと思いますね。
ヒカルアマランサスなども厩舎の問題も大きいですが、身体が小さく物足りない部分はありましたからね(*ノωノ)
一次で売り切れない理由があったわけです(>_<)
キャロは明日、厩舎が判明しますが、しっかり吟味してありかなしかを判断していきたいと思います('◇')ゞ
それ以前に獲れるか獲れないかが問題ですけどね…(*´Д`)

2020/08/24 (Mon) 12:21 | REPLY |   

youchan  

ハーモニクス、引退残念ですね。
最後のレースも隣の馬に寄られて終わりでしたから悔いが残ります。
強引に前に行って欲しかったなあ。

2020/08/24 (Mon) 18:37 | REPLY |   

レプティリア  

youchanさん

こんばんは^^

はい、残念です(T_T)
今回もそうでしたが、だいたいそういう邪魔をする馬って強い馬じゃないんですよね(*ノωノ)
期待して馬券も買ってたので、ガッカリ感倍増でした(*´Д`)
脚の使いどころが難しい馬でしたね(^-^;
良いお母さんになってもらいたいと思います(一人一)

2020/08/24 (Mon) 19:29 | REPLY |   

Post a comment