FC2ブログ

【2019キャロット募集馬】採用される馬名とは?Part2

昨日アップした【2019キャロット募集馬】採用される馬名とは?では、今年のキャロット馬名の傾向から今後応募する際に注意するポイントをいくつか挙げてみました
それで終わりにしようと思ってたんですが、もうひとつ昨日も言っていた「ワンワードの馬名が増えた」に関連して、何文字の馬名が多いのかをカウントしたところ、以下のようになりました

【2文字】0頭(0頭)
【3文字】1頭(0頭)
【4文字】2頭(2頭)
【5文字】7頭(12頭)
【6文字】21頭(8頭)
【7文字】23頭(26頭)
【8文字】17頭(25頭)
【9文字】15頭(10頭)

カッコ内は去年の数字です。やはり6文字までの馬が去年から今年で22頭→31頭と激増しています。特に6文字が大幅に増えているため、体感として「短いワンワードネームが増えた」という感覚は概ね間違ってなかったな、と
というわけで、「キャロの募集馬には母系由来の英語(仏、伊、西、独語)ベースに『ヴ』の付くワンワードの6文字の名前を応募すると、採用される可能性は高まる」かも?ということで締めさせていただきます(笑)

200214fortepiano18.jpg
まさかこの馬が音楽関連の馬名にならないとは思いませんでした…




スポンサーサイト



2 Comments

まーく  

こんにちは~
これは面白いデータですね。
ワンワードが増えたというのは気づきませんでした。
来年は少し意識してみようと思います。

2020/02/15 (Sat) 22:35 | REPLY |   

レプティリア  

まーくさん

こんばんは^^

前からキャロの馬名は特徴的だったのでいろいろ思うところはあったのですが、今年はさらに偏りが出てきたように感じたので、調べてみました(^^ゞ
文字数とワードは関連性があると思いますので、短い名前が多くなったというのはワンワードの名前が増えたということだと言えると思います(^^)/
総体的なデータですので、あとは個々の特徴に合わせてカスタマイズすれば、採用に近づけるかも?しれません('◇')ゞ

2020/02/15 (Sat) 23:34 | REPLY |   

Post a comment