FC2ブログ

【キャロット】うーん、レースがチグハグ

年明け最初の3歳戦に臨んだ、タイズオブハートでしたが…

20/1/14 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後は、まずはウォーキングマシン中心に軽く乗りながら状態のチェックを行っています。今のところは目立った反動は見せていませんが、無理せずにじっくり立ち上げていきます」(NFしがらき担当者)

20/1/10 NFしがらき
10日にNFしがらきへ放牧に出ました。

20/1/8 森田厩舎
8日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。距離延長で前進を前進を図りたいと考えていたのですが、現状で1800mは少し長かったですね。それにちょっと歯が気になっていたようでそれがハミ受けに影響し、レースに行っての口向きが難しくなってしまいました。歯についてはすでに治療を行っており、レース後は他に馬体の異常などは見られません。ただ、短い距離を使うとなると芝、ダート問わずある程度間隔を空ける必要はありますから、いったん放牧に出させていただくことにして、牧場でも口向きをうまく矯正してもらいたいと思います」(森田師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

20/1/6 森田厩舎
6日の京都競馬ではまずまずのスタートから行き脚がついて中団へ。枠なりに外を回る格好から外目を追走するが、向こう正面からやや手応えが怪しくなり、最後は一杯で14着。「スタートからすんなりニの脚はついたのですが、口向きが難しくて、ずっと外に張るような格好で走っていました。コーナーでは大きく外に膨れてしまいましたし、かなり厳しかったです。距離もやや長い印象で、今日は本来の走りができませんでした。申し訳ありません」(西村淳騎手)「申し訳ありません。長めの距離を試してみようということで今回は1800mを使いましたが、やはり1400mぐらいで終いを活かす形がベターのようです。力みがあるせいか、元々背中に疲れが溜まりやすいタイプなのですが、今回は外に張ってしまったとのこと。歯を気にしている場合もあるので、そこもよくチェックしておこうと思います」(森田師)距離を延ばして前半すんなり行き脚がつきましたが、外へ張ってしまうロスもあって早々に厳しくなってしまいました。溜めれば終いに脚を使えるタイプですし、この後は馬体をチェックしてから条件の見直しを含め今後のプランを検討していきます。


前走から距離を延長して臨んだ1戦でしたが、完全に裏目に出ました1角を周るときに膨れたりして、気難しさも見せたりして歯を気にしている可能性もあるとのことで、放牧に出て、この間にいろいろと調べてくれるようです1800をこなせると選択肢が広がるところだったのですが、次からはまた1400に戻りそうです次に戻ってくるのは暖かくなってからになりそうですので、じっくりしっかり立て直してもらいたいと思います

200106tiesofheart.jpg
春の阪神か中京か…母ストールンハートはまだ繁殖を頑張ってます



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment