FC2ブログ

【ダイワメジャー産駒】レシステンシアを見て考える

昨日は香港で日本馬が大活躍する合間を縫って(?)、日本では2歳女王決定戦、阪神JFが行われてました
今年は素質馬が多くて、無敗馬3頭を含めて初対戦の馬が多くて、楽しみにしておりました中でも、圧倒的支持を集めていたシルクのリアアメリアと、今年2歳が好調のハーツ産駒2騎ウーマンズハートクラヴァシュドールが注目を集めていましたが、勝ったのは3頭しかいないNF生産馬の中でも4番人気でキャロットのダイワメジャー産駒、レシステンシアでした
去年キャロットに入会した自分としてはこの馬はカタログで見ており、当然会員で埋まるだろうから無理だろうと思っていた部分もありますが、トモは発達しているものの顔を見ると目つきが悪かったのをよく覚えています

【募集時】
Resistencia_募集時

【2歳7月】
Resistencia_190702.jpg

2歳になっても目つきは変わりませんが、キ甲が抜けお腹のラインがすっきりしてきているのがよくわかりますね

Resistencia_blood.jpg

問題は血統です自分はこれまで2頭ダイワメジャー産駒に出資したことがありますが、1頭は未勝利、もう1頭は2勝挙げたものの、人気薄でのダート逃げ切りの末、気性難で引退という、結構苦渋をなめさせられてきておりますなので、「もうダメジャー」と思っており(笑)、二度とメジャーには行くまいと誓っていました
ところが走ってくる馬は、自分が出資した血統と近い部分もあって、ここに来て後ろ髪を引かれております
今回のレシステンシアは母が南米アルゼンチンの血統で、G1勝ち馬、Sadler's Wells持ち。ダメジャーの代表産駒、メジャーエンブレムも母父サドラー。僕が出資していたコンフェッシオンも母が南米チリの血統でG1勝ち馬、サドラー持ち。もう1頭のキープシークレットも母父サドラーで、いとこにリアルスティールがいる良血。なんかいいとこ突いてる気がするんだけどなぁこの差っていったい何ですか?

【阪神JF】
191208resistensia.jpg

そんなわけでダイワメジャーの種付け状況を調べてみたら、2018年は種付け料500万と変動なし、136頭と交配しており、前年より若干減ってはいますが、激しい種牡馬争いの中、周りに左右されずに淡々とこなしている感じ繁殖レベルも変わっていない安定感抜群の種馬と言えるでしょう
来年もし気になる馬がいたら、積極的に検討していきたいと思います



スポンサーサイト



2 Comments

もふお  

レプティリアさん、こんばんは。

ご無沙汰しています。
多忙につき巡回もできておらず、すいません。

素晴らしい血統分析ですね。コンフェッシオン懐かしいです(涙)
ダメジャー産駒から超大物牝馬の誕生ですね。相当強い気がします。
やっぱりサドラー血脈と大物配合には欠かせないNDのクロスですかねー。

最近はダメジャー産駒の募集馬も人気ないですし、
価格も落ち着いてますから、大穴狙いでいいかも知れませんね。

2019/12/11 (Wed) 01:54 | REPLY |   

レプティリア  

もふおさん、おはようございます^^

コンフェッシオン懐かしいですよね(*´ω`*)
その縁もあって、キャロ入会の際に妹タイズオブハートに出資した経緯があります('◇')ゞ
ダメジャーはほんとに難しくて、結構見栄えする馬も多いし、血統的にもわかりやすそうなんですけどね(*´Д`)
僕の2頭もサドラーとNDクロス持ってたんですけどね~(*´з`)
今は安定している上に次々と新種牡馬が出てきてるので、再度来年は注目してみたいと思います(^^)/

2019/12/11 (Wed) 07:56 | REPLY |   

Post a comment