FC2ブログ

【キャロット1歳】フォルテピアノ18出資理由

いやー「ノーサイドゲーム」以降、ラグビーのにわかマイブームが来てますが、今日のゲームも素晴らしかったですね世界ランク2位ですか?アイルランド相手にガチンコ勝負で勝っちゃうなんて…サッカーなら、ブラジルやフランスに勝つようなもんですよね大金星でした勝ち方も逆転でドラマみたいだし、ホントにベスト8も夢じゃない!



さて、ラグビーW杯同様に、キャロットの1.5次募集で当選という興奮さめやらぬ(?)事態になっておりますので、熱いうちにフォルテピアノ18の出資理由を書いてみたいと思います

【フォルテピアノ18】
ミッキーアイル
フォルテピアノ(フレンチデピュティ)
牝 4月17日生  美・小西
1600万円
156 171 19.1 410


元々一次募集時から出資候補にはリストアップしておりましたミッキーアイル産駒はリアルインパクト産駒と同様に、「スピード型のディープ産駒」という位置づけで、「後継種牡馬としてはこういうタイプのほうが走るのではないか?」と考えていたのがひとつ
もうひとつは、シルクにはミッキー産駒が1頭しかいませんでしたが、キャロでは4頭も募集されていましたそのすべてがいわゆる「OUR BLOOD」だったので、そこが懸念でしたが、フォルテピアノに注目したのはボトムラインがクラフティワイフ系だったからです

fortepiano18_blood.jpg

クラフティワイフ系はカンパニーやトーセンジョーダンなど大物も輩出する名牝ですが、その最大の特長は「丈夫で長持ち」だということです先に上げたカンパニーは8歳にして毎日王冠-天皇賞・秋連勝ですし、トーセンジョーダンも5歳で天皇賞・秋制覇ですから、基本晩成で長く走れるのがよく表れてますね
しかし、本馬の3代母クラフティワイフは14頭もの産駒を輩出してますが、牡馬偏重で残した牝馬は4頭のみ。その中の1頭がこの馬の祖母キョウエイフォルテ、そこにフレンチデピュティを付けて生まれたのがフォルテピアノですだからボトムラインに伸びるこの牝系は貴重なのです一度この牝系に出資してみたかったというのが大きかったですね
しかし、馬体を見て、脚は長いのに胴は短いという、ちょっとアンバランスなところが気になって、一次では他の馬との兼ね合いで一度は自重したのですが、1.5次まで残っているなら狙わない手はない残口が少なく価格も安かったので獲れないと思ってましたので、ホントに嬉しいですね
あとは今年デビューし、2歳リーディングを走るキズナの存在ですねディープインパクト×デビュティミニスター系は相性良かったのですが、キズナ×デビュティミニスターも相性が良いのですここまでキズナ産駒は13頭が勝ち上がってるのですが、その内5頭が母父デピュティミニスター系(クロフネ、フレンチデピュティ、Deputy Minister)なのです!そういう意味では、キャロの募集馬にいたヒカルアモーレ18はまさにキズナ×クロフネで期待度アップすると思います僕は顔が気に入らなかったのでパスしましたが、母優先非対象馬だったので当初は出資候補でした
ミッキーアイルもキズナと同じようにディープ×ノーザンダンサーの組み合わせで、母父が短距離馬。このデピュティミニスター系との相性は良いのではないか?と踏んでます
そんなこんなで、なんとかキャロは3頭なんとか揃ってきましたあとはシルクの追加でなんとか獲れたら…

190801fortepiano18.jpg
当然、将来の”アワブラ”への期待もあります

血統的な期待が大きい馬への出資が叶って嬉しいですご一緒の皆さま、よろしくお願いします!




スポンサーサイト



2 Comments

やっち  

No title

おめでとうございます
キャロットも結構取れるんですね

2019/09/29 (Sun) 10:16 | REPLY |   

レプティリア  

やっちさん

こんにちは^^

いやいやナメたらアカン~( ゚Д゚)
そんなに簡単に当たりませんよ(^-^;
たまたま今回は運が良かっただけで。
シルクもキャロも厳しいですが、納得のできるのはキャロだということです(^^ゞ

2019/09/29 (Sun) 10:48 | REPLY |   

Post a comment