FC2ブログ

【シルク】長期休養明けを叩いて

無事に復帰戦を終えたカラルの近況です!

8/9
カラル[父 ルーラーシップ : 母 ナスカ]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースで軽めのキャンター
次走予定:未定

調教主任「こちらに移動後、脚元など状態を確認いたしましたが、特に気になるところもなかったので、すぐ調教を開始しています。現在は周回コースと坂路で軽く乗っていますが、歩様など問題ありませんので、徐々にペースを上げていければと思っています。馬体重は496kgです」

7/31
カラル[父 ルーラーシップ : 母 ナスカ]
在厩場所:30日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定

佐々木晶三調教師「小倉競馬場から栗東トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、長距離輸送のダメージはなく、脚元の状態も変わりありませんでした。重馬場を苦にしないカラルにとっては、小倉の後半の馬場は魅力ですが、脚元のこともありますし、長期休養明けの競馬で目に見えない疲れもあるでしょうから、一旦牧場へお戻しさせていただき、心身ともにケアしてもらうことにしました。牧場でも問題ないようでしたら、馬体が緩まない程度に調教を開始してもらう予定です」

レース結果
カラル[父 ルーラーシップ : 母 ナスカ]
 7/28(日)小倉7R 3歳上1勝クラス〔芝1,800m・15頭〕7着[7人気]

ポンと飛び上がるようにゲートを出ると行き脚が付かず後方からレースを運びます。向こう正面で先団まで押し上げますが、勝負どころで置かれ気味になり、直線も上位馬を捉えきるほどの脚が使えず、約11ヵ月振りとなるレースは7着で終えています。

藤井勘一郎騎手「気難しいところがあると聞いていましたが、返し馬はゆったり行うことが出来ましたし、ゲート内でも大人しく駐立していました。1,800mだと1コーナーまでの距離が短い為に最初は追走に苦しみましたが、そこまで離されずについて行けましたし、流れが落ち着いたところで自分から上がって行こうとするところが見られたので、馬の気持ちを損なわないように押し上げて行きました。勝負どころでは少しモタついてしまったものの、最後の直線で追い出しに掛かると、もう一度伸びようとする姿勢を見せてくれました。今回は長期休養明けでもありましたし、次は変わってきそうですね」

佐々木晶三調教師「装鞍では暴れないか気を掛けていましたが、全くそのようなこともなく大人しくしていましたよ。パドックから返し馬までスムーズに行うことが出来ましたし、去勢の効果が見られましたね。レースでは少し仕掛けが早いかなと思いましたが、消極的な競馬よりこれぐらいの方が次の競馬にも繋がってくるでしょう。勝負どころでモタついた以外はレース内容としては悪くなかったですし、この後脚元が変わりなければ次はもっと良い競馬をしてくれると思います。トレセンに戻って状態を確認した後は一旦牧場へお戻しさせていただき、馬体のケアを行ってもらう予定です」


去勢した効果か、関係者の心配をよそに結構素直に指示にしたがっていたようですね。結果に関しては、長期休養明けでしたし放牧に出ましたが、そう空けずに使うような雰囲気ですから、次走叩いた効果に期待したいと思いますできれば左回りで見たかったので新潟が良かったですが、もう時期的に無理ですから、次は阪神ですかね?まずは無事に戻ってきてもらいたいと思います!

190728caral.jpg
次でキッカケを掴んでもらいたいところですね



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment