FC2ブログ

【シルク】ラストエレン…3歳引退1号

ラストチャンスに臨んだエレンボーゲンでしたが…

レース結果
エレンボーゲン[父 ブラックタイド : 母 ショアー]
8/11(日)新潟4R 3歳未勝利〔芝2,000m・14頭〕13着[8人気]

今回もシャドーロールとブリンカーを着用しての出走。ゲートの出はそれほど速くはなかったものの促して中団の位置から進めます。ただ、3コーナーあたりから徐々に手応えが悪くなりはじめると、盛り返すことなく後方でのゴールとなりました。

木幡育也騎手「もう少し前で進めたかったのはありますが、ゲートが開いてからの反応がなくてスッとは行けませんでした。それでも、向こう正面くらいまでは抱えながら追走することが出来たのですが、徐々に手応えがなくなって、さらに外から他の馬に来られたら、ハミを取ってくれずにそのままゴールまで変わらずに走ってしまいました。ラストチャンスでしたが結果を出せずに申し訳ございません」

鹿戸雄一調教師「大外枠でしたからあの位置になってしまったのでしょうが、もう少し積極的に乗って欲しかったですね。ただ、ハミを終始取ってくれなかったようですし、まだ気性的にも幼い部分があるようです。芝・ダート問わず様々な条件を使わせていただき、そしてブリンカーを着用するなど馬具も工夫してみましたが、なかなか結果に結びつけることが出来ず申し訳ございませんでした」

これまでの競走内容を考慮して今後について協議した結果、短期間のうちに変わり身を求めることは難しい状況であることから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に競走馬登録抹消の手続きを行わせていただき、15日(木) のサラブレッドオークションに上場する予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので、予めご承知おきください。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


あっけなく終戦しました大外枠からスタートもイマイチで道中もイマイチ、4角ではもう手応えなし、という何も見どころのないレースに終始前走が調子良かっただけに、このギャップには驚きましたしかし、もう積極的な競馬も何もそれができるぐらいの調子にはなかったと思いますし、その意味で騎手のせいにする鹿戸師にはガッカリしますね
もしかしてもう一戦最終週にあるか?と思いましたが、圏外に去りましたし、ここで終戦ですいろんな条件に使ってもらいましたが、非力なところは解消されず、最後まで勝てる感触はあまり伝わってきませんでしたしいて言うならば、前走のレースでしょうか。優先権を取ったのを放棄して、臨んだ1戦。調整も上手く行って、勝てるチャンスはあったと思いますが、減量騎手ということで、スタートで出負けしたら慌てて位置を取りに行って、ペースが速いにもかかわらず他の馬と競るような展開になり、勝負所で脚を失くすという…1、2着は捲っていった馬で勝ったのは菜七子ちゃんでしたからね遅れたなら遅れたなりのレースをしてほしかったです
そんなわけで約1年の競走馬生活でしたが、7戦。結構ご一緒の方も多く、期待されていたと思います上も結構走っていたし、エレンボーゲンには楽しませてもらいました。彼女は芝もダートも長いところもよく頑張ってくれたと思います短かったけど、お疲れ様でした次のステージで頑張ってね

190811ellenbogen.jpg
今までありがとう、エレンボーゲン



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment