FC2ブログ

【シルク】新人調教師に託して

どこに向かおうとしてるのか…?結果が伴わないキープシークレットの近況です

5/24
キープシークレット[父 ダイワメジャー : 母 ウーマンシークレット]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「こちらに移動後は目立った疲れはなく、体調も変わりなかったことから、今週からトレッドミルの運動を開始し、22日から周回コースで乗り出しています。調教では前向きさがありますし、動きそのものも悪くないので、調教の良さをレースに活かせられるように調整していきたいと思います。馬体重は475kgです」

5/15
キープシークレット[父 ダイワメジャー : 母 ウーマンシークレット]
在厩場所:15日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定

石坂公一調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、力を出し切る前に終わってしまっていることもあって、目立った疲れはありませんでした。調教であれだけ良い動きをするだけに、歯痒さだけが残りますね。何とかこの馬の良さをレースで引き出せるように次走までに色々対策を考えていきたいと思います。予定通りこれまでの疲れを取る為に15日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。次走の予定は牧場で状態を確認しながら検討していきたいと思います」

最新情報
キープシークレット[父 ダイワメジャー : 母 ウーマンシークレット]
 15日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

レース結果
キープシークレット[父 ダイワメジャー : 母 ウーマンシークレット]
 5/12(日)京都9R 白川特別〔芝2,400m・13頭〕13着[12人気]

好スタートから促しながら好位4,5番手あたりを追走、向こう正面を過ぎたあたりから徐々に置かれ気味になり、直線では完全に脚が上がってしまい最後方でゴールを迎えています。

藤井勘一郎騎手「もう少し楽に前で競馬が出来ると思っていましたが、向こう正面に差し掛かったあたりで急に走る気を無くして、そこから追走で一杯になってしまいました。早い段階から押っつけ通しだったこともありますが、早々に手応えが怪しくなったことを考えると2,400mの距離は少し長い印象を受けました。周りに馬が押し寄せてくるとフッと気を抜いて走るのを止めてしまいましたし、気難しい一面も邪魔しているような感じでした」

石坂公一調教師「この距離なら自分のリズムで前々でレースが運べると考えていましたが、流れが速くなる手前から追走に苦しんでいましたね。ゴール直後は脚がもつれる程バテていたので、距離が長かったのも確かですが、やはりレースに行くと気難しい一面を見せてしまいますね。同じことをしていても良い結果に結び付かないですし、次走は後方に控えて徐々に押し上げて行くような競馬をして、馬のやる気を引き出してみたいと考えています。入厩してからここまで進めてきたこともありますので、トレセンで状態を確認した後は一旦牧場へ戻す予定です」


ここ4走は13、14、16、13着…ブービー2回、シンガリ2回。もうぐうの音も出ません正直、「もう引退でもいいかも…」と思ってしまいましたnetkeibaでもそういう意見が大勢を占め、ここ最近の更新を見てましたが、転厩したばかりの石坂公一調教師はまだまだあきらめていないようですちょうど今月の会報にインタビューが載っており、前走前のインタビューですが、いろいろと考えてやってくれそうなので、彼の熱意に期待してもう少し付き合っていこうと思いますとりあえず、しがらきに放牧に出たので、その間にじっくり次走の計画を練ってくださいよろしくお願いします

190512keepsecret.jpg
走る気さえ出してくれれば…



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment