FC2ブログ

【シルク2歳馬】3連続9着以下を避けるために

ダート替わりも実を結ばず…おまけによけいな疾病まで…エレンボーゲンの近況です

11/21
エレンボーゲン[父 ブラックタイド : 母 ショアー]
在厩場所:21日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

鹿戸雄一調教師「全体に広がっていた皮膚病は落ち着いてきたので、21日にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました。恐らく競馬の疲れから免疫力の低下を招いたのが原因だと思います。その他は異常ありませんので、状態が上向いてきたら放牧先で乗り込んでもらい、心身の強化に努めてもらいたいと思います」

最新情報
エレンボーゲン[父 ブラックタイド : 母 ショアー]
 21日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

11/14
エレンボーゲン[父 ブラックタイド : 母 ショアー]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

鹿戸雄一調教師「先週は申し訳ありませんでした。レース後は脚元には特に問題は見られないものの、顔全体に皮膚病が出てきてしまいました。最初は目の上に少し見られる程度だったのですが、それが段々と広がってしまった形です。おそらくまだ内面的にしっかりしていないことから、レースでの疲れがそういった格好で出てきてしまったのでしょう。今は薬を塗って回復を図っているところですが、ある程度症状が治まるまではもう少しこちらでケアさせていただきたいと思います」

レース結果
エレンボーゲン[父 ブラックタイド : 母 ショアー]
 11/10(土)東京2R 2歳未勝利〔D1,600m・14頭〕7着[1人気]

シャドーロール着用。スタートで後手を踏み、道中は後方4番手からの追走、4コーナーで徐々にポジションを押し上げて行きましたが、直線半ばで脚が上がってしまい、中団で流れ込んでいます。

C.ルメール騎手「スタートが遅かったので後ろからの競馬になりました。4コーナーでポジションを上げられましたが、最後は苦しくなってしまいました。砂を被っても大丈夫でしたし、最後までよく頑張っていますが、まだ全体的に馬がしっかりしていない印象を受けましたね」

鹿戸雄一調教師「スタートが速い方ではないので、後ろからの競馬になってしまいました。馬場が渋ったのは良いかなと思っていましたが、逆に勝負どころで脚を使う形になり、最後は脚が上がってしまいましたね。ダートが合わないというわけではないのでしょうが、芝と比べても大きな変わり身は見られませんでした。今後についてはトレセンに戻って状態を確認してから決めたいと思います」


まだまだ心身ともにしっかりしていないのでしょう皮膚病を発症してしまいました落ち着くまで、厩舎でケアをしてもらい、今週天栄に放牧に出ました今、ノリに乗っている天栄で、しっかり心身を鍛えてもらいたいと思いますこないだ記事にした通り、来年から3連続9着以下になるわけにはいきませんから、3か月以上かかっても、満を持してもどってこれるよう、万全を期してもらいたいと思います

181112ellenbogen.jpg
見るからにまだまだ頼りない感じですからね



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment