FC2ブログ

【このごろ感じる違和感】これでは競馬がつまらなくなる

今に始まったことではありませんが、ちょっと最近その傾向が顕著なので、ちょっとここで書きたいと思います

【騎手の寡占状態】
寡占と書きましたが、要は外国人ジョッキーの来日が増えて、彼らばかりに有力馬へのオファーがあって、そしてその通り彼らが勝つことで、さらにその傾向が進んでいるということです特にこの前の日曜の京都は1~11Rまで外国人ジョッキー3人で勝ち鞍を占めるという状態「ここはどこ?私はだれ?」という感じです(笑)それで最終12Rに注目が集まりましたが、ここはなんとか藤岡佑介騎手が勝利し、一矢報いることができましたでも、ガッツポーズしてる場合じゃないです
そのぐらい最近の外国人ジョッキーへの依存は大きな事象です僕も現実に先週の京王八王子駅2歳Sでは、松山騎手の騎乗ぶりにガッカリされられたので、そうしたい、そうならざる気持ちもわからなくはないですでも、このままじゃヤバいと思う競馬学校では何を教えてるのか?まさか「スローになったら、人気馬が動くまで動くな。空気を読め」とか教えてるんじゃないでしょうね?
もはや、中央だ地方だと言っていられない状況です。気骨にあふれた日本人騎手の登場を願います

【ノーザンファームの独走】
これはここ10年ぐらいでしょうか。シーザリオやデルタブルースぐらいから始まり、今やどこを切ってもNF状態もちろん、NFの努力あってこその今なので、それ自体は素晴らしいと思います今も日々設備を整えたり、トップの座におごることなく前進し続けているので、他の牧場が追いつくのは並大抵のことではありません
今年の中央G1(JBC除く)で言えば、18レース中11レースがNF(白老F含む)ですからね。特にマイル以上の芝は皐月賞とNHKマイル以外はそうですこれもNFの努力の結果なので、当然といえば当然なのですが、やはりこれではいろいろと弊害が出てきますそれが次の項目へつながります

【ノーザンファームのG1使い分け】
これが競馬を一番つまらなくしている原因だと思います来週のジャパンカップに天皇賞馬レイデオロが出ないとか何も知らずにこれを聞いた方は、「アーモンドアイが出るのに、なんでG1・2勝馬が出ないんだ!」と普通に思いますよね?皆さんはご存じだと思いますが、どちらも主戦はルメール騎手。乗り替わりしたくないから、レイデオロは有馬記念に直行だそうで、そしてアーモンドアイは有馬回避という「よくできてるなー」なんて感心してる場合じゃなく、我々はクラブ馬に出資する身である前に、イチ競馬ファンです
G1は競馬の最高峰のレース。下級条件ならいざ知らず、「ここまで来てまだ使い分けするのか?」とあきれてしまいました聞けば、エリ女のノームコアもルメールが乗れないから、秋華賞を回避したそうオーナーはそれでいいんでしょうか?
僕らは強い馬同士の対戦が見たいのですG1はそういう舞台であるべき。オグリキャップタマモクロスしかり、メジロマックイーントウカイテイオーしかり、ナリタブライアンマヤノトップガンしかり、ウオッカダイワスカーレットしかり。時代を超えて語られる馬たちはそういうレースを経てきているからこそ、人々の記憶に深く刻まれているのだと思います
「忖度」されてライバルなきレースに勝っても、感動半減でしょうJRAも盛り上がるレースが増えるよう、有力馬の出走を促してもらいたいと思います。ただでさえ、TRを使わずに直行みたいなパターンが増えて、観る機会が減っているというのにー直行するなら、G1にはしっかり出してくれることを願います

181014almondeye.jpg
アーモンドアイに罪はありませんこれからも元気に走ってほしい



スポンサーサイト



4 Comments

-  

レプティリアさんこんばんは
最近一口ブログをさぼっているけーいちです。

その3つ全てノーザンファームの寡占が原因のような気がしますね。
下二つはノーザンファームの努力によるものだと思いますし、その傘下のクラブに入っている我々はむしろ恩恵を受けている部分もあるので・・・と思うのですが、騎手に関しては深刻な状況な気がします。

調教師が強かった時代は若手騎手をどんどん起用していって、もし下手な騎乗をしても調教師がかばってくれたので若手騎手も思い切って乗れていたのだと思います。
今は馬主・・・特にノーザン系の大手クラブが強くなって若手がヘマでもしようものならネットで叩きまくられるわクレームの電話は入るわで若手を起用し辛い環境になってきているんだと思います。
こんな環境では若手騎手は萎縮しちゃって無難に無難にってなってしまいますよ。
だからといって武豊騎手のようなベテラン騎手に全盛期の活躍を期待するのも酷でしょうし。

いっそノーザンが若手騎手を育てるくらいの気概があってほしいくらいですがw

2018/11/13 (Tue) 21:47 | REPLY |   

レプティリア  

けーいちさん

こんばんは^^

ノーザンファームの努力はすごいと思います( ゚Д゚)
だからといって、競馬を面白くないものにするならば、それは弊害でしかありませんね(>_<)
僕らもその系列クラブで一口をやっているので恩恵は受けているのですが、一口の隆盛と個人オーナーのドライ化、それらを一手に引き受けているNFはやはり寡占が行き過ぎてるように思います( 一一)
本来であれば、社台Fをはじめ、その他の牧場がそれに対抗しないといけないんですけどね(^-^;
調教師もそのいいなりで、レース選択やジョッキーの起用も思い通りにならないのが実情でしょうか。
あの藤沢師ですら、府中大好きなはずなのに有馬記念に回さざるを得ないんですからね(*´Д`)
このままではいつかファン離れを起こすと思います。
というわけで、ノーザンに若手騎手育成をしてもらいましょうか(笑)

2018/11/13 (Tue) 23:40 | REPLY |   

みかんぼ~や  

No title

こんばんわ!!

私が思っている事を正に代弁してくれたような記事でしたしよく分かります(^^ゞ

外人騎手も日本人騎手も幼い頃から馬に乗っていたとは思いますが先日グリーンチャンネルの吉田照哉氏がおっしゃっていたように海外の競馬と日本の競馬は決定的な違いがあり海外では少しでも隙間があると入り込んで行くスタイルでそこで騎手としてやってきた外人騎手は日本の隙間だらけの競馬が緩く感じるのだろうと・・・

口には出して言えない事だろうけどそう思っているはずだよ・・・そう言ってましたf(^_^;

勿論技術的な部分だけでなく馬に対して負担かからない乗り方とやる気を出させるコツを熟知しているのではないでしょうか?

外人騎手に子供扱いされないように祈るのみですね(´Д`)

2018/11/14 (Wed) 19:33 | REPLY |   

レプティリア  

みかんぼ~やさん

こんばんは^^

前から思ってたけど、最近は特に顕著で、ちょっと酷いですよね(*´Д`)
吉田照哉氏の番組は観ようと思って、忘れてました…。観たかった!(^-^;
やはり社台Fのトップも日本人と外国人騎手との差を感じてるんですね(>_<)
外国人騎手は基本的技術はもちろん、ペース次第でいつでも動ける準備ができてますよね('◇')ゞ
日本人騎手は自分たちの縄張りを荒らされてるわけですから、危機感を持たないといけませんね!( ゚Д゚)

2018/11/15 (Thu) 22:08 | REPLY |   

Post a comment