FC2ブログ

【シルク2歳馬】ほろ苦い夏の思い出は忘れて、次はG2

残念ながら、出遅れて6着…ほろ苦い重賞戦でした、シングルアップの近況です!

シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
在厩場所:5日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:東京11月3日 京王杯2歳ステークス(GⅡ)

寺島良調教師「トレセンに戻って獣医師にメディカルチェックを行ってもらいましたが、走ったなりの疲れが少し見られるぐらいで、普段と変わりない状態とのことでした。小倉へ2度連れていったこともありますので、これまでの疲れを取る為に5日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。前走は1番人気の支持を受けたにも関わらず、いい結果が残せなかったのは申し訳ありませんでしたが、決して力負けではないので、次走にむけて巻き返せるように努めていきたいと思います。レース後のジョッキーの話にもあったように、小回りコースより広いコースの方がノビノビと走れて、この馬の力を引き出すにはもってこいとのことでしたので、放牧先で順調に進められるようであれば、11月3日の東京・京王杯2歳ステークスに向かいたいと思っています」

最新情報
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
 5日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

レース結果
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
 9/2(日)小倉11R 小倉2歳ステークス(GⅢ)〔芝1,200m・14頭〕6着[1人気]

まずまずのスタートを切るも、行き脚が付かず一旦は最後方まで下がってしまいますが、スピードが乗ると先行グループの後ろまで押し上げます。そのままの位置で4コーナーに差し掛かり、最後の直線で抜け出しを図ろうとしますが、ジリジリとしか脚を伸ばせず初めての重賞挑戦を6着で終えています。

松山弘平騎手「ゲートインした時は気合いが乗って臨戦態勢が整っていたのですが、ゲートを待たされたことで、フッと気が抜けてしまいました。ゲートを出ても自分から進んでいこうとしなかったですし、押っ付けていってもスピードが乗るまでかなり時間が掛かってしまいました。流れが遅かったので無理せずポジションを押し上げていくことが出来ましたが、今度はペースが遅すぎた為に動きたい時にスッと動いていくことが出来ませんでした。跳びが大きく器用さがないだけに、前走のようにのびのび走らせてあげないと力を発揮できませんし、今回は揉まれ弱いところも見られました。この馬のリズムで競馬が出来なかったことに尽きます。この馬の力を引き出すのであれば、1,400mぐらいの距離で広いコースの方がより持ち味を活かせそうです。1番人気の支持を受けていたにもかかわらず、いい結果を残せず申し訳ありませんでした」

寺島良調教師「前走と同様に長距離輸送は全く堪えなかったですし、ひと叩きしたことで馬体が絞れ、張り・艶は更に良くなっていましたね。返し馬では前に馬がいると追いかけてしまうことから、先出を行いましたが、リラックスした様子で走っていました。ハナにはこだわらずに、リズムよく競馬をしてほしいと指示を出していましたが、今回のレースに限っては横の馬が暴れてしまったことで、ゲートを待たされたのがすべてだと思います。こればかりは競馬なので、運がなかったということなのでしょうが、状態が良かっただけに残念な結果になってしまいました。ジョッキーの話では、小回りコースより広い競馬場で、距離ももう少しある方が良いと言っていましたので、それを踏まえて次走の予定を検討させていただきます。トレセンに戻って状態を確認したあとは夏場の疲れを取る為にリフレッシュ放牧に出す予定です」


ホントにレース前までは順調に来ていたんですよねゲートインするまでは…ゲート入りした後、隣のセプタリアンが暴れて立ち上がり、かなりゲートの中で待たされました結局、セプタリアンは外枠発走になり、待ちくたびれたシングルアップはスイッチが切れてしまい、スプリント戦では痛恨の出遅れそのため、二の脚を使いインを追走して好位に取り付き、4角ではぽっかり空いたインを付きますが、道中のロスが大きくて、伸び切れずといった展開でした一番最悪の競馬になったといっても過言ではありません
まぁ、どの馬もゲートで待たされたのは同じですから、それは仕方ないとしても、やはり隣で暴れられると気になりますよね同じくセプタリアンの隣だった2番人気のルチアーナミノルも大敗しましたからね。この馬、戦前では一番怖い存在だと思ってました
勝ったのはシングルのひとつ外の武豊ファンタジスト。またこの馬がスタート直後に寄せてくるという、ワザとか天然かわかりませんが、武豊の狡猾なテクニックにより、やられました。さわやかに見えて、武豊騎手はレースでは厳しいですからね~
そんなこんなで、ほろ苦い夏の思い出となってしまいましたが、早くも次走が決定しました!松山騎手も感じていたことだそうですが、大飛びで広いコースのほうが良いとのことで、京王杯2歳Sになりました。僕的には非常に嬉しく、妥当な選択だと思いました元々フェニックス賞に行くなら、中京2歳Sかダリア賞に行ってほしいと思ってましたから
しがらきに放牧に出ましたが、中2週で小倉遠征しましたので、ここでしっかり英気を養って戻ってきてもらいたいと思います!

180902singleup.jpg
キンシャサ産駒は京王杯、相性が良いです



スポンサーサイト

2 Comments

ロイス  

レプティリア様、こんにちは!

シングルアップ、残念でした。
勝ち負けと思っていたので・・・
これが競馬の厳しさでしょうか?

今週はエレンが出走予定ですね。
何だかかなり楽しめるのではないでしょうか?
不安は馬場状態と馬体重がどのくらいあるかです。

P.S 10月7日に東京競馬場で馬券を楽しむ会があります。
カッコいい事言っていますが、ただ競馬するだけです(笑)
愛馬の応援等で競馬場に来られる際は御一緒出来ればと思います。

2018/09/11 (Tue) 09:16 | REPLY |   

レプティリア  

ロイスさん

こんばんは^^

やはりフェニックス賞が余計だったでしょうか?(>_<)
そんな簡単に重賞は勝たせてくれませんね(;´Д`)
次はG2なので、さらに厳しいかとは思いますが、しっかり態勢を整えてもらいたいと思います(^^)/
今年は2歳馬が順調で、エレンボーゲンは3頭目のデビューです(^^♪
小柄な分、ビッシリやれたかどうか不安ですが、今は楽しみです('◇')ゞ
10/7に競馬を楽しむ会ですか?
出資馬が出る可能性は低そうですが、参加させてもらうかもしれません(*^^*)
その際はまたご連絡いたしますので、よろしくお願いします<(_ _)>

2018/09/11 (Tue) 21:24 | REPLY |   

Post a comment