FC2ブログ

【2018社台SS種付け頭数】増えた馬減った馬

シルクとキャロの募集が終わり、ホッと一息というタイミングで、2018年度の社台SS繋養の種牡馬の種付け頭数を発表しました

2018社台SS種付け頭数

新種牡馬5頭を含む、総勢29頭豪華の一言ですねしかし、それゆえにその競争も激しく、少し産駒の競走成績が振るわないと、すぐに放出されてしまいます現に今年の2歳馬が好調なヴィクトワールピサはもうここにはいません
そんな中、今年昨年より種付け頭数を増やしたのが青で塗りつぶした馬7頭いますが、特にすごいのがハービンジャーロードカナロア。ハービンジャーは一時、100頭ぐらいまで減らして「チチカスに続いて、やっぱダメか」と思われた時期から盛り返し、今年倍の212頭今年ハービンジャーに出資しましたが、再来年はもっとレベルの高い産駒が募集されるかもしれないことは頭の片隅に覚えておいたほうが良いでしょう
もう1頭のカナロアは言わずもがな、初年度から2冠馬を輩出し、ハービンとは対照的に順風そのものの中、さらに増やしたという感じ300頭に迫る勢いです来年もクラブでたくさん募集されることでしょう
一方、注目すべきはむしろこちらか?ピンクで塗りつぶしたのは逆に大きく頭数を減らした馬たちです微減だったり、元々頭数が少ない種牡馬は省略しています。この中で一口的に痛いのがリアルインパクトでしょうか今年初年度が大人気だったわけですが、頭数が少なかったので集中せざるを得ない部分もありました。しかし、再来年の募集ではさらに頭数が減貴重なものになりそうです来年募集されたら全力で行くべきかも?
あと、追放危機に立たされそうなのはエイシンフラッシュキズナディープブリランテノヴェリストリーチザクラウンといったところ。特にノヴェリストはヤバそうですねキズナは初年度産駒をシルクとキャロで見ましたが、リアルインパクトとは違って、馬体にパンチに欠ける馬が多かったですから、このまま活躍馬を出せないと…という感じです
キンカメがカナロア、ルーラーという格となる後継馬を輩出しているのに対し、未だディープにはこれ!という後継馬が出てきていない現状やはりフィリーサイアーなんでしょうかね?こうなると後継馬を出せるのは、金子真人オーナーしかいないでしょうねワグネリアンに懸る期待は大きいでしょうし、今後の走りに注目していきたいと思います

dims.jpg
【お題】しかし、ディープ×キンカメで、この後どういう母がいい?



スポンサーサイト

2 Comments

びすお  

おはようございますー。

いつも楽しみになる情報ありがとうございます!
ここ2年で新しい種牡馬もたくさん増えてますし、枠争奪戦も激しいですね(笑。

出資する側から見れば、色々選択肢が増えて楽しいのですが、まず新種牡馬となると人気で参加出来ない事も多いので、それが悲しいです(笑。来年は、ドゥラメンテ・モーリスとか人気でしょうね。。僕はこの記事で来年・再来年で初ハービンジャーと行きたいなと思いました(笑。

2018/09/11 (Tue) 08:18 | REPLY |   

レプティリア  

びすおさん

おはようございます^^

出資する側としては種付け価格も気になりますけど、頭数も牧場側、生産者側からの期待度がわかるから重要ですよね(・∀・)
今年の募集ならキンシャサに良い繁殖が集まったとかね(*^_^*)
ちょっと前までは新種牡馬は傾向が出てから…みたいな雰囲気があったように思うんですが、最近は青田買いですからね(^_^;)
まぁ現役時代をよく知る馬たちなら、そうなりますよね(^^ゞ
来年モーリスとドゥラメンテは頭数も多いですから、結構募集多そうですよね(^^)
ハービンは狙い目だと思うので、ぜひご検討ください(笑)僕は今年行きましたが^^;

2018/09/11 (Tue) 08:39 | REPLY |   

Post a comment