FC2ブログ

【シルク2歳馬】この猛暑の中、疲れ知らず

久々のエントリになりますが、小倉2歳Sへ向けて順調に進んでいるようです、シングルアップの近況です!

8/23
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:22日に坂路コースで時計
次走予定:小倉9月2日 小倉2歳ステークス(GⅢ)〔松山弘平〕

寺島良調教師「間隔が詰まっていますので、22日は坂路で15-15より強め程度の時計に抑えて調整しました。この中間も状態は安定しており、いい状態を保っています。オンオフの切り替えがしっかり出来る馬なので、来週の小倉への輸送も問題ないでしょう。上積みはかなり見込めそうですし、重賞を獲れるようにしっかり調整していきたいと思います」

シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
 助 手 8/22(水)栗坂良 57.5- 42.4- 27.7- 13.7馬なり余力

8/15
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:小倉9月2日 小倉2歳ステークス(GⅢ)〔松山弘平〕

寺島良調教師「小倉からトレセンに戻ってきた後も疲れ知らずで、元気が良すぎるぐらい状態は良さそうですよ。オンオフの切り替えがしっかり出来る馬なので、長距離輸送も苦にならないですし、その点は心配なく調整できるのが良いですね。今度は頭数も揃うでしょうし、相手も強くなると思いますが、前走の内容から引けを取らないはずなので、重賞を獲れるようにしっかり調整していきたいと思います。ジョッキーは引き続き松山騎手に依頼しています」

レース結果
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
 8/11(土)小倉8R フェニックス賞〔芝1,200m・7頭〕優勝[1人気]

まずまずのスタートを決めると、ハナに立って後続馬を従えていきます。そのままの位置で勝負どころに差し掛かり、最後の直線で懸命に追い出されると力強く脚を伸ばし、デビュー戦に続いて嬉しい2勝目を挙げています。

松山弘平騎手「2,3番手あたりでスムーズな競馬をしようと心掛けていましたが、ゲートは前走よりスムーズに出てくれましたし、スピードの違いでスッと先行することが出来ました。外の2頭がそこまで速くなく、無理に下げて包まれてしまうのだけは避けたかったので、こちらから動いてハナに立っていきました。道中もムキになることなくリズムよく走ってくれましたよ。最後の直線で追い出しにかかると、久々の影響から少しモタモタしていましたが、それでも力の違いで勝ってくれました。次はもっと動けるようになるでしょう」

寺島良調教師「トレセンを出発する前は前走時と同じぐらいの馬体重だったのですが、小倉までの輸送がありながらもプラス体重になっているのですから、それだけタフな馬なのでしょう。今回は装鞍所から馬っ気が強かったので、パドックで先頭を周回させてもらいましたが、トレセンでの運動時と同じように大人しく歩いてくれました。返し馬もゆったり入っていくことが出来ましたし、ゲートも一度レースを経験したことで駐立は問題なく、出の反応も良くなっていました。最後まで安心して見ることが出来ましたし、8分程度の仕上げでこれだけ強い競馬をしてくれたのですから、次はもっといいパフォーマンスを見せてくれそうですね。トレセンに戻って状態を確認して、体調等変わりなければ、予定通り9月2日の小倉2歳ステークスに向かいたいと考えています」


前走後、栗東に戻っても疲れ知らずで22日に時計も出してきましたホントにこの猛暑の中、人間もバテてるというのに元気一杯なのは頼もしいとともに、頭が下がります前走、プラス体重だったので、中2週での輸送で絞れてくることに期待してますが、今の感じだとまた増えてきそうな勢いですねビュンビュン飛ばすスプリンター仕様にはまだなっていないので、今度もゴリゴリのスプリンターたちを相手に道中の追走からついていけるか心配な点もありますが、能力に期待したいですね無事に来週のレースを迎えられるように願っています!

180811singleup_3.jpg
小倉の松山騎手は相性いいですから、期待してます!


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment