FC2ブログ

【2018シルク募集馬】ナイキフェイバー17出資理由

続けて出資理由第3弾!警報なく、一気に満口になったナイキフェイバー17です
…が、ひとつお詫びしなければいけないことがあります昨日書きましたサンドミエシュ17の出資理由につきまして、一部勘違いしてる部分がありました。ナイキフェイバーの出資理由を読んでいただければわかりますので、よろしくお願いします

180717nikefavor17.jpg

この馬に関しても当初は測尺を見て、カットしておりましたその理由はオルフェーヴル産駒に関しては、他に綺羅、星のごとく輝く募集馬がいましたからね。アイムユアーズ17ロザリンド17タイタンクイーン17ベッラレイア17と正直この馬以外が圧倒的人気を集めていたので、目が届かなかったというのが正直なところまた、この母の仔はよくシルクで募集されてましたが、僕は今まで一回も行ったことがないというのも、ひとつ理由として挙げられると思います
しかし、検討会で早来Fの清水さんが低価格でオススメしたい馬として、この馬をピックアップされていたのをきっかけに僕は注目するようになりました。DVDの動画をじっくり見直すと、若干左の前膝が被ってる感も許容でしょうし、首を使って8の字を横にしたような動きで(『馬体は語る』参照)キビキビと動けていて、後ろ脚の踏み込みも深かったそして、(ここからが昨日勘違いした部分です、笑)ツアー動画を見ると、最初に顔のアップから入るのですが、撮られている間、耳を前に向けたまま、じっとしていたのが印象的でした。ナイキフェイバー17もきっと素直な気性をしているのだと思います治郎丸敬之氏の『馬体は語る』でもその重要性は説かれています。これは絶対的に競走馬としてプラスに働くはずで、特に牝馬ですので落ち着いて競馬に向かえるのは他馬に対してアドバンテージでしょう
ということで、血統的には母系は地味で惹かれる部分はなかったのですが、意外にもいろんな種牡馬から勝ち馬を出していますし、大物感というよりは地道に堅実に頑張ってくれるのではないかと思って、出資に踏み切りましたサイズに関しては募集馬の中で一番遅生まれですし、そこそこ大きくなってくれる(464キロ前後by一口馬主DB)と思います。きっと様子見できるのだろうと思ったら、初日に売り切れてしまったので、去年の二の舞(通称:マハーバーラタ16の悲劇、笑)にならず良かったです
最後に厩舎について、実はこれまでこの厩舎をNGとしておりました。以前、東サラでやっていた時に出資していたレッドスピリッツという馬を放置し続けた挙句、転厩させるということがあったからですしかし、あれから8年ぐらい経ちますし、シルクでは初ということでナイキフェイバーの可能性に賭けて行ってみることにしました
新しい近況では379キロから418キロと大幅に馬体重を増やしてきましたこれが遅生まれの成長力かもしれませんね。この調子で順調に行ってもらいたいと思います

2018/08/10 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・早来ファーム

早来ファーム担当者「夏を迎えて馬体に幅が出てくるなど、グンと成長している一頭です。オルフェーヴル産駒としては筋肉量が多めの方で、母系のスピード血脈の影響が表現された馬体に成長していますね。今のところは筋肉量があるものの、体がコンパクトでやや小さめに見えますが、5月下旬生まれということもあり、まだまだ成長の余地がたっぷりです。少し我の強い面がありますが、馴致は素直に受け入れ、難なくこなしていますので、馬の成長に合わせて移動させる予定です」418kg


180810nikefavor17.jpg
一気に馬体が増えたのも売れた大きな理由でしょうね


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment