FC2ブログ

【2017新種牡馬】対照的もハイレベルな2頭

先ほど終わった皐月賞でオルフェーヴル産駒のエポカドーロが制しました先週のロードカナロア産駒アーモンドアイに続き、今年のクラシック牡牝とも第一弾は新種牡馬が制するというのはかなり衝撃的です
とはいえ、2頭の種牡馬の歩みは対照的と言ってもいいぐらいで、カナロア産駒は2歳時からコンスタントに勝ち上がり、上ではなかなか勝ち上がれない馬が多かったですが、スプリングS勝利のステルヴィオや桜花賞を勝って、その印象も変わりつつある感じです一方、オルフェの方は勝ち上がるのも一苦労する産駒がいる一方で、勝ち上がった馬のうち、2頭がG1馬という3歳になり、ポツポツ勝ち上がりが増えてきたので、晩成傾向にあるのだと思いますが、それにしても2頭は歩みは面白い
カナロアは走る配合が結構わかりやすいですが、オルフェはこれまでつかみどころが難しかった2頭のG1馬共通点は、母がミスプロを持っている、かつノーザンダンサーのクロスがない、というところでしょうか。当たり外れが大きいだけに配合は重要ですね
それはさておき、今後もこの2頭にはキンカメ後継馬、ステゴ後継馬として、切磋琢磨していってもらいたいと思います

※皐月賞はエポカドーロを本命にして、馬連とワイドをゲットしましたオルフェ産駒も道悪上手そうです

コルネット(父オルフェーヴル)
180401cornet.jpg

ダイアトニック(父ロードカナロア)
180217diatonic_5.jpg

これからもいい馬がいたら出資したいけど、とりあえず2頭の産駒に出資しておいて良かった今後は高くなるでしょうからね



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment