菊花賞を終えて

戦前はエイシンフラッシュの回避により、馬券を抜きにした
レースの楽しみは半減したな~と正直思ってました。
しかし、終わってみれば、晴れやかな気持ちになる菊花賞でした
まず、勝った川田Jのインタビューを聞いていて、思わずジーンと来ました
勝った喜びよりも、先日のスプリンターズSで降着になり、みんなに
迷惑を掛けたことを詫びていたからですゴール後もあまり派手な
ガッツポーズなどはなく、淡々としているな~と思っていたら、
そういう理由で内に秘めていたのか、と思わず納得
このジョッキーは以前から注目していましたが、
これからもっと活躍してほしいと思いました

それから勝ったビッグウィークですが、この馬の初勝利はなんと7月
わずか3ヶ月でG1勝利なんて信じられません
夏から使い詰めでここまで来て、悲願成就。馬はほんとタフですね
名前からはピンと来ませんが、ウオッカの谷水雄三オーナーの持ち馬です
ここ3年、上がり馬の勝利が続いています2000年以降で見てみても
春のクラシックに参戦していない馬の勝利はなんと7回
その名前を挙げてみると…
01年マンハッタンカフェ
02年ヒシミラクル
04年デルタブルース
06年ソングオブウインド
08年オウケンブルースリ
09年スリーロールス
10年ビッグウィーク
※青字は父サンデー系以外
いずれも記憶に残る名馬ですが、
ここから活躍できるかは半々といったところでしょうか?

そして3つ目は、ミスキャスト産駒のビートブラックが3着に激走したこと
結構好きだったんですよね~単勝を買ってました
父はSS×ノースフライトという良血で、アグネスタキオンと同期。
新馬戦勝ちの後、弥生賞に臨み、タキオンの3着に入っています
ちなみにそのときの4着がマンカフェ。昨日のレースにはマンカフェ産駒も
たくさん出てましたし、タキオン産駒もいました。
まさに同窓会のような、時の流れを感じるレースでした(しみじみ)

てなわけで、終わってみればいろいろと感じることの多い菊花賞になりました、とさ
スポンサーサイト

4 Comments

太郎  

思い切りがいいなぁ

レプティリアさん、こんばんは。
今年も菊花賞は荒れましたね…
印象に残ったのはやはり川田騎手の思い切りのいい騎乗でした。
皐月賞を勝った時もそうでしたが、
大舞台で人気薄の馬に乗った時はホント思い切った騎乗をします。
ぜひ出資馬にも乗ってもらいたいですね。

松永厩舎の馬にはよく騎乗している印象があります…
フィアレス…(^^;

2010/10/25 (Mon) 23:10 | REPLY |   

レプティリア  

太郎さん

こんばんは^^

そうですね、川田Jには思い切りの良いイメージがあります(^_^)v
僕はデルタブルースに帯同して、メルボルンCに行っていたときから注目しておりましたが、
思っている以上に良いジョッキーになっている感じですね(*^_^*)
やはり腕っ節が強いので、キレない馬を先行させたときに魅力を感じます(^^)/
フィアレスにも乗ってくれるでしょうか?楽しみに待ちたいと思います(^^)/~

2010/10/25 (Mon) 23:15 | REPLY |   

スダホーク  

らしい結果

ま、菊花賞らしいと言えばらしい結果に・・・^^;
あーいう残り方はよくありますが、人気薄だけに2着の指定席をお願いしたかった。
ローズに悲願のクラシックを獲らせたかったです。

しかしオウケンの初勝利からの道程にも驚きましたが、この仔は3ヶ月でしたか^^;
やれるもんですね~。

2010/10/25 (Mon) 23:45 | REPLY |   

レプティリア  

スダホークさん

こんばんは^^

上がり馬が勝つときはああいうパターンが多いですよね(^^;)
ローズが2着というのもある意味、らしい結果といえば、そうなのかもしれません(>_<)
武豊Jが乗っていたので勝っていたら、夜の情熱大陸も万々歳だったでしょう(^o^)
3ヶ月でG1勝ちはオーナーも想像できなかったでしょうね(^^)/
古馬と対戦してるだけに有馬でも楽しみです☆~

2010/10/26 (Tue) 23:42 | REPLY |   

Post a comment