FC2ブログ

【若き世代】新たな才能たちは皆大人びている

今回は競馬とはまったく関係の話題を。
平昌オリンピックの真っ只中です冬季五輪ということで夏のオリンピックほどの盛り上がりはないかもしれませんが、それでも日本人選手の活躍はやはり嬉しく、単純に「すごいな~」と感心するばかりです
特に活躍する選手の年齢が若いこと、若いこと(笑)羽生結弦選手は23歳、宇野昌磨選手は20歳、高梨沙羅選手は21歳、平野歩夢選手に至っては2回目の出場なのに、まだ19歳というもうその世代の選手たちが世界のひのき舞台で戦うのが当たり前の時代になってるんですねだから小平奈緒選手が31歳などと聞くと、ホッとしたりして(笑)それを考えると、結果は残念だったけど、葛西紀明選手はホントにレジェンドですね。同世代として誇りに思います
だって23歳ってことは94年生まれで、「innocent world」や「空も飛べるはず」などが発売された年ですよ?(笑)国民的行事と言われた「10.8決戦」があった年ですよ?それをリアルタイムで知らないなんてもったいなすぎる!Jリーグもすでに始まってたし、新たな時代の幕開けをリアルタイムで経験できていないなんて、あぁ無情(笑)そうか、メジャーに行った大谷翔平選手も23歳か…。時代は変われど、いつの時代もすごいアスリートってのは出てくるもんですね
アスリートではないけど、将棋の世界では昨日、15歳の藤井聡太五段が羽生善治竜王を破るという快挙が達成されました準決勝で羽生名人に勝って、勢いそのままに決勝戦も勝って優勝という…とんでもない才能の登場ですね
インタビューの受け答えもおよそ15歳のものとは思えない落ち着きぶりに驚いてしまうのですが、それ以上にビックリしたのがこちら藤井聡太の好きな音楽
そういう意味でも末恐ろしい15歳だと思いました何がきっかけで聴くようになったんだろう…?僕がインタビューしてみたい(笑)


この曲が世に出たのは91年。まだ藤井君、全然生まれてないよ(笑)


スガシカオ好きならこの曲はマスト!大人な歌詞がいい

【追記】小平奈緒選手が500メートルで金メダル獲得!スピードスケートの女子選手としては初の金メダルだそうです



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment