秋の日の1999Again



つい1時間ほど前に行われた凱旋門賞。
ライヴでは観られなかったので、You Tubeでチェック
ナカヤマフェスタは惜しい2着でした…
ヴィクトワールよりこちらのほうが可能性があるのではないかと思い
秘かに期待していましたが、惜しい!勝つ可能性も充分想像していたので…
というのもナカヤマフェスタは、ステイゴールド産駒で地味ながら
リボーの血を持っており、なにやら大仕事を成し遂げそうな、ちょっと
ミステリアスな雰囲気のある馬だったからです
そして、陣営が凱旋門賞をよく知るチームエルコンだったことも大きいです
今日の不良という馬場状態も11年前と同じでしたしね
逃げという意表を付く戦法を取ったエルコンに対し、ナカヤマはいつも通り。
それだけに勝負どころで前にいた馬が下がってきたときに不利を
受けたのは痛かった…その後、一旦先頭に立ってましたからね。
勝った馬はやはり3歳馬。英ダービー馬のワークフォース。
馬群の内にいたのに、いつの間にかナカヤマの横に。3.5kg差は大きいです。
ヴィクトワールピサは8着でした。馬群に揉まれて、なかなか外に出せませんでしたね。
何はともあれ、両馬、両陣営、お疲れ様でした!
久々に興奮しました続きは日本でまた見せてください!

スポンサーサイト

8 Comments

アキラ君  

>レプティリアさん

こんばんはm(__)m

ナカヤマフェスタは不利さえなければという惜しい競馬でした。
欧州の重い馬場でも欧州勢のレベル次第では勝ち負けできるということでしょう。
可能であれば、また再チャレンジしてほしいですね。

2010/10/04 (Mon) 18:08 | REPLY |   

レプティリア  

アキラ君さん

こんばんは^^

ホントに惜しかっただけにあの不利は痛かったですね(>_<)
終始前が壁にならないように運んでたんですけどね…。
逆に実況でも最後まで名前が出なかったように、ワークフォースは
内からいつの間に出てきたのか?と思わせるワープ戦法(笑)
欧州勢が徒党を組んで道を開けたように見えました(-_-)
なにはともあれ、来春ドバイにチャレンジしてもらいたいですね(^^)/

2010/10/04 (Mon) 20:41 | REPLY |   

まこと  

NoTitle

朝早く起きてJRA経由でレースを見ました。
本当にすごいレースでしたね。
あそこまでいったら勝たせたかったですね。
また挑戦したいとコメントしていますし、来年も期待したいと思います。

2010/10/04 (Mon) 21:12 | EDIT | REPLY |   

太郎  

激アツでした…

レプティリアさん、こんばんは。
フェスタ惜しかったぁ…
本気で今年は日本馬が勝つと思っていましたから…
おっしゃるとおり、今年も日本馬へのマークは厳しかったようにみえました…
絶対に勝たせたくないんですね…
来年こそ勝つぞ~!!

2010/10/04 (Mon) 21:13 | REPLY |   

レプティリア  

まことさん

こんばんは^^

いや~僕もライヴで観たわけではないので、結果知ってたんですけど、
それでも興奮しましたよ(^^;)逃げたエルコンと違い、差して一旦先頭ですからね(^_^)v
人気のなかった分、期待値も低かったかもしれませんが、その分興奮度も上がったと思います(^^)/
来年再チャレンジしてもらえるなら嬉しいですね。
いろいろと大変なことが多いけど、楽しみに待ってましょう!(*^_^*)

2010/10/04 (Mon) 21:20 | REPLY |   

レプティリア  

太郎さん

こんばんは^^

くそ~もう少しで予言通りになるところだったんですけどね~(>_<)
興奮はしたけど、僕も太郎さんも驚きはしなかったと思います(^_^)v
日本馬になんとしても勝たせないという気概なら、やはり逃げが一番いいのかも(^^;)
でも競り掛けてくる馬いそうだな~(-_-)
ともかくもう一度チャレンジしてくれることを楽しみにしたいですね!(*^_^*)

2010/10/04 (Mon) 21:25 | REPLY |   

シト_2006  

NoTitle

ナカヤマフェスタ、よく頑張りました(^0^)
正直、エルコンでさえ負けた凱旋門賞をナカヤマフェスタが
制覇するのは違和感が有ったので、これで良かったかな?っとも
思いました。
凱旋門賞はまだ日本にとって高い壁であってもらって、日本の
これぞ超一流馬が勝ってくれる事を楽しみに待ちたいと思います
(^0^)

2010/10/04 (Mon) 22:22 | EDIT | REPLY |   

レプティリア  

シトさん

こんばんは^^

確かにステイ産駒は一流の牧場から出てくるのが少ないため、どうしても
雑草的な印象を受ける馬が多いですね(^^;)かくいうナカヤマフェスタもそう。
でも、オグリほどではないにしても、こういう馬こそ日本人の心を鷲掴みにするのかもしれません(^^)/
一流馬も良いですが、こういう味のある血統の馬が頑張ってくれるのも競馬の醍醐味だと思います(^_^)v
まだまだ凱旋門賞は高い壁。でも一定のレベルにあれば、戦えることもわかりました。
来年以降も出走馬がいることを願いたいですね(-人-)

2010/10/04 (Mon) 22:37 | REPLY |   

Post a comment