【2017シルク募集馬】近況with勝手にライバル視

月イチ恒例の1歳馬更新!まずはバラダセール16の近況です!

バラダセールの16[父 ハーツクライ : 母 バラダセール]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間も特に問題はなく、順調に乗り運動を行なっています。現在は、ロンギ場でダクとキャンターを行うまで進めています。大型馬だった姉のバラダガールの同時期に比べて小柄ではありますが、幅があって安定感のある馬体をしていますね。ダクで乗っていても見た目通りで、芯がしっかりしていてブレが少ない動きは本馬の長所といえると思います。気性的には、少し敏感なところがあるので、そういう面が悪い癖にならないように注意して騎乗しています。今後は、ロンギ場での調教をしっかり行って体力をつけてからコースでの調教に移行していこうと思っています」馬体重460㎏


先週ラッドルチェンド16が育成牧場に移動しまして、これでウチの出資馬は全馬移動が完了しましたその中でもバラダセール16は2番目に早く移動しましたので、順調に育成は進んでますねまだ坂路入りこそしてませんが、人間でいうところの「体幹」がしっかりしてるようで、故障しにくいのかもしれませんね懸念は少し気性的に敏感なところで、牝馬ですしパニックになったりしないよう、おだてて育てていってもらいたいと思います(笑)いずれにせよ、今のところは問題ありませんので、このままトントン拍子で進めていってください

171002baladasale16.jpg
姉より二回りぐらい小柄なので、脚元への負担も少ないですね

そして、ここからが本番毎年恒例、僕が思う愛馬のライバルになりうる馬を一方的に紹介する企画【勝手にライバル視】のコーナーです
さぁ、今回のバラダセール16のライバルとして目を付けているのが、キャロットのアナアメリカーナ16(父ハーツクライ)です
父が同じハーツクライで、一口価格は違うものの募集価格も同じ2800万円。そして、何より今年のキャロの募集馬の中で、僕が一番最初に目をつけた馬だったからです今年のクラシックを盛り上げたリスグラシューと父&母父が同じ組み合わせだというのがその理由ですが、馬体もそれに劣らず良かったし、牝馬同士なので再来年のクラシックで対戦することができたら嬉しいですね育成も同じNF早来のようですし、ますます身近な存在ですね切磋琢磨して、お互い無事にデビューしてもらいたいと思います


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment