FC2ブログ

【シルク】レース選択ミスも馬には感謝

秋への布石!中2週で昇級戦に臨んだインヘリットデールのレース結果です

インヘリットデール[父 ルーラーシップ : 母 フサイチエアデール]
 8/20(日)新潟8R 3歳上500万下〔芝1,800m・13頭〕2着[2人気]

好スタートを切ると先行集団5番手辺りを追走。直線では外から上がっていく勝ち馬に食い下がろうとしますが、最後は突き放され、内で逃げ込みを図る3着馬を交わしたところでゴールしています。

北村宏司騎手「勝ち馬は切れる脚を使うだろうと予想できたので、勝ち馬よりも早めの競馬を意識して、そのイメージ通りの競馬ができたと思いますが、最後はあっさりと交わされてしまいましたね。今日は相手が悪かったです。ゴール前は結構ヘロヘロで、競馬を終えてからもかなり疲れている印象でしたから、昇級戦で頑張って走ってくれたのだと思います。器用さがあり上手く立ち回ることができますから、どちらかというと小回りコースの方がこの馬の良さを活かせると思います」

高野友和調教師「よく最後まで諦めずに頑張ってくれましたが、勝ち馬の方が力は一枚上でしたね。上がり勝負の展開でしたから、インヘリットデールにとって少し厳しい形になってしまいました。もう少しペースが流れてくれていれば違った結果になっていたと思いますが、最後は苦しがって左にモタれていましたから、それだけ全力を出し切ったのだと思います。昇級初戦でこれだけ良い競馬をしてくれましたし、1戦1戦力を付けてくれているので、今後の活躍がますます楽しみになりました。この後はトレセンに戻って状態を確認してから決めたいと思います」


今回はやはりドタバタの末、決めたレースだったので、レースのチョイスもジョッキーのチョイスも適切ではなかったですねまぁ、レースを決めた時点でほぼジョッキーは埋まっていたと思うので、それ自体は選択の余地はなかったと思いますだからこそ新潟に行くのであれば、最初からその予定でいてほしかったと思うのです
そうすれば、戸崎騎手は継続騎乗してくれた可能性はあったし、特徴を掴んだ乗り方をしてくれたでしょうなぜ急遽新潟に変更になったのか?わかりませんが、調教相手のフレグラントブレスとの存在は無視できませんねそのせいで下級条件にもかかわらず、シルク馬同士で星の奪い合いをする羽目にそしてその鞍上には戸崎騎手
そして、北村騎手のコメントを見ると、この馬の特徴を掴んで乗ったみたいなニュアンスですが、エンジンの掛かりが遅いので、勝負所で被せられたのは痛かったです。あそこで早めに動いていれば、特徴を掴んでると言えますけどね…。まぁ今回は展開が向かなかった。まるで未勝利戦のようなスローでしたから北村騎手もそれはわかったようですね
だからレース選択のミスなのです。前回は内回りで今回は外回りだということを高野師は忘れてたんではないでしょうか?(笑)
でも、ホントに馬は頑張ってくれましたデビューこそ遅れたものの、今回は中2週で二度目の新潟でしたし、最後は疲れたようですが、それでも2着に来てますからね。頭が下がります今後は様子を見てとのことで、まず無事であることを願いつつ、高野師にはしっかり適切なジャッジをしてもらいたいと思います

170820inheritdele.jpg
6か月連続出走ですからね。素晴らしいです


スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment