【2017シルク募集】何者?

シルクが7月に入り、突如好調になったことはちょっと前にアップしましたが、今週もなんと5勝!7月通算12勝になりました特に今回は2歳新馬が勝ったのが大きかったですね。先週まで未勝利だったので、どうなることかと思いましたが、ディロスが強い勝ち方をしてくれました募集を前にこの調子上昇は計ったかのようですね(笑)

さて、その2017募集はいよいよ来週にはカタログが発送になりますが、募集馬の詳細PDFが週明けにもHPにアップされるのではないかと思うのですが、募集馬が発表になってからだいぶ経つので間延びしてしまいますねあらかた、字面でできることはやってしまったので、待つしかないかと思ってたのですが、ひとつ忘れてました
毎年、募集馬はたくさんの厩舎に預けられますが、その中で僕は
1.「複数預かる厩舎は期待されている」
       or
2.「NF御用達厩舎」
のどちらかではないかと思ってます

今年の募集馬では…

【木村哲也】…シルキーラグーン、モシーン、フサイチパンドラ
【国枝栄】…ミュージカルロマンス、ロジャーズスー
【藤沢和雄】…スイープトウショウ、サマーハ
【萩原清】…シーイズトウショウ、ケアレスウィスパー
【手塚貴久】…ウルトラブレンド、シルクユニバーサル

【池添学】…サロミナ、アーデルハイト
【高野友和】…キューティゴールド、スカイクレイバー
【池江泰寿】…ヒッピー、トップライナーⅡ
【石坂正】…バラダガール、シェアザストーリー



おなじみのラインナップという感じですが、上記厩舎を上の1と2に分けるなら
1は国枝、藤沢、萩原、手塚、池江、石坂
2は木村、池添、高野
という風に解釈しています。

ところがもう一人いました。「おやっ?」あまり聞き覚えのない人が…斉藤崇史?

【斉藤崇史】…レーヴドスカー、マハーバーラタ

JRAのHPで調べてみましたカチャカチャ(キーボードを押す音、笑)…

わ、若いまだ34歳。厩務員→調教助手を経て、2015年に厩舎を開業してまだ3年目ですね。シルクの馬も5頭ぐらいいますが、4歳以上は転厩馬でしょう。去年2頭(1頭は追加募集)、一昨年1頭が募集されまして、ついに今年2頭募集!(最初から)。しかもレーヴドスカーはもう高齢馬だけど、有名繁殖です。去年は高野厩舎でしたからね。この厩舎も御用達厩舎となっていくのでしょう。リーディングは202位→174位→78位と年々上昇してますから、まさにこれからの厩舎です。気に入った馬がいたら行ってみてもいいかも!?今のところ、預託される馬は池添、高野から下がってきた馬ばかりなので、斉藤師とすれば、ここで結果を出して、次のステップに上がりたいと思ってるでしょうね
これまで募集がありながら、そこまで気にしたことがなかったのに、なぜ今回気になり始めたのかというと、今年の募集馬2頭とも、注目してるから。特にマハーバーラタのほうが気になってるんですよね~レーヴドスカーも安くなってるので、デキが良ければ検討したいと思います。いずれにせよ、西の斉藤厩舎の動向に注目していきたいと思います!

1404blackbago.jpg
第二のブラックバゴを探せ!


スポンサーサイト

2 Comments

まさ  

こんばんは。
私も似たようなことを考えていますが、近年の木村厩舎は1の方に入っているのではないかと考えています。
やや不調気味な今年はともかく、昨年は37勝で全国9位ですし。

一時期は「東の木村、西の吉田」という時代がありましたが、木村厩舎はそれなりの実績を残し2から1へ昇格、吉田厩舎は期待を裏切り続けてその座を他の若手厩舎に奪われつつある、という風に見ています。

それはそうと、池添学厩舎ってなんであんなに超良血馬が集まってくるんですかね?

2017/07/17 (Mon) 03:34 | EDIT | REPLY |   

レプティリア  

まささん

おはようございます^^

確かに馬の質で言えば、1かもしれませんね('◇')ゞ
ただ、ご指摘の通り、それだけにやはり成績が安定していない点で全面的信頼は置かれてないのではないかと思います( 一一)
吉田厩舎はその期待に応えられず、脱落してしまいましたが、新たに池添学、斎藤崇史厩舎が入ってきたという感じでしょうか。
池添学厩舎はノーザンファームで修業していたからじゃないでしょうかね?だからブエナビスタの仔のような超良血が入ってくるのでしょう(#^.^#)
いずれにせよ、2のグループはノーザンの息のかかった厩舎なので、いろいろ与しやすしなのだと思います((+_+))

2017/07/17 (Mon) 10:13 | REPLY |   

Post a comment