【シルク】通過順を尻上がりに

初の馬券圏内!インハーフェイバーの近況です!

インハーフェイバー[父 ワークフォース : 母 シーズインクルーデッド]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:中京7月23日 ダート1,800m(牝)〔武豊〕

担当助手「トレセンに戻って状態を確認しましたが、特に疲れは見られなかったので、12日から角馬場で軽めに乗り出しています。跨った感触も前走前と変わりありませんし、予定通り来週の競馬に向けて進めていけると思います。ジョッキーは引き続き武豊騎手にお願いしています」

レース結果
インハーフェイバー[父 ワークフォース : 母 シーズインクルーデッド]
 7/8(土)中京2R 3歳未勝利〔D1,800m・16頭〕3着[4人気]

好スタートを決めると、内目に入れながら8番手あたりを追走、流れが速くなったあたりで置かれ気味になりますが、懸命に追い出しにかかるとジリジリ脚を伸ばし、3着でゴールしています。

武豊騎手「ゲートの出は良かったですし、スッと内目に入れながら追走することが出来ました。砂を被って嫌がるところがあったものの、初戦のような物見をすることはありませんでした。勝負どころで少しついて行けなくなりましたが、促していくとジリジリ脚を使って頑張ってくれました。競馬を使いつつレース内容は良くなっていますし、すぐにチャンスが出てくるでしょう」

須貝尚介調教師「函館競馬場から戻って少し馬体が減ってしまったものの、トレセンでは飼い葉をしっかり食べてくれていたので、マイナス8kgで収まりました。パドックの雰囲気は良かったですし、パサパサの時計が掛かる馬場になってくれたので、これなら良い競馬をしてくれると思いました。ズブさがありながら、ジリジリ差を詰め寄ってくれましたし、目途が付くレース内容だったと思います。トレセンに戻って状態を確認したうえで検討するつもりですが、優先出走権を獲りましたし、小回りコースの小倉開催よりは、中1週でもう一度同じ条件を使う方がいいと思っています」


やはりちょっとズブいというか、ジリっぽいところがあるので、前走も道中は中段だったのに3~4角でついていけなかったようです(コーナーの通過順8-8-10-11)。逆の通過順なら理想的なんですが、その辺が課題ですねこの馬の場合、叩いて詰めて使ったほうが良いのかもしれませんね。須貝師もそれを考慮してか、次走は中1週で出走することになりました
前走で-8キロと減ってましたし、馬体はこのぐらいをキープした方がいいかもしれませんので、上手く調子を整えて、当日を迎えてもらいたいと思います!次も武豊騎手なので、今度こそ期待してます!

170713ineherfavor.jpg
次で決めて夏休みに入ろう!


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment