【2017シルク方針】憧れのあの厩舎へ…

シルクの募集馬、厩舎と価格が発表されて約1週間経ちますが、今年の方針として「まだ出資したことのない厩舎の馬に行ってみたい」と思ってます
もちろん、馬をメインにして見ると、これまで行ったことのある厩舎の馬に出資する可能性もあるのですが、迷ったときは新しいところにポチッてみたいなぁと
あと、今年は欲しいと思った馬が一次で満口になりそうになかったら、できるだけ様子見するということも頭に入れてやっていきたいですね。なので、一次申し込みなし!っていう可能性も!?ありえますね
そういう観点から見た、現時点での候補馬はというと…

【関東】
19.シルクユニバーサル16=手塚厩舎
20.メジロフランシス16=堀厩舎
30.ショアー16=鹿戸厩舎

【関西】
35.リアアントニア16=角居厩舎
38.ヒッピー16=池江厩舎
39.バラダセール16=石坂厩舎
41.スナッチド16=音無厩舎
42.シェアザストーリー16=石坂厩舎
57.トップライナーⅡ16=池江厩舎
58.ウインフロレゾン16=高橋義厩舎
62.ドリームスケイプ16=西村厩舎

厩舎で選んでるので、以前挙げた気になる馬には入ってなかった馬もいますが、一番気になるのはバラダセールですね配合的にはそんなにピンと来ないのですが、あのノーザンファームが今流行りのアルゼンチンで活躍した馬を導入し、サンデー系をつけるという王道パターン。これがディープだったらもっと人気するのでしょうけど、なんとこの母は導入以来3年連続ハーツを付けられるというこだわりぶり。産まれた上の子たちを見て、何か感じるものがあったのでしょうね2年前に、長女のバラダガールがシルクで募集されましたので、この馬はそれ以来の募集で、しかも国枝厩舎から石坂厩舎に替わったのも大幅イメージアップ!しかも価格が2500万→2800万とアップしているのも自信の表れでしょうか?
こうして募集馬を字面で見て、あれこれ想像を巡らせるのも楽しいひと時なんですが、早くカタログが見たいですね~先にWebで公開してくれるでしょうか?馬体を見たら、また印象が大きく変わって、別の候補が出てくるかもしれませんね

2017シルク価格&厩舎
2頭預託される齊藤崇史調教師って何者!?



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment