【シルク】石橋君は降ろされるかもね

鋭く追い込むも3着に惜敗、ブラックバゴのレース後のコメントです

ブラックバゴ
 2/19(日)東京10R アメジストステークス〔芝2,000m・14頭〕3着[5人気]

まずまずのスタートを切るもすぐに外の馬に切り込まれ、最後方からの追走となります。直線で大外に持ち出すと、上がり最速の脚を使って猛追し、3着まで追い上げたところでゴールしています。

石橋脩騎手「もっと前に付けるように指示が出ていましたし、そのつもりでいたのですが、東京の芝2,000mの真ん中の枠は行き切ることは難しいです。外枠でしたらそのまま勢いをつけて行けるのでしょうけど、あの枠ではゲートをポコンと出てしまったら、すぐに外から被されてしまいますからね。性能が高いのは分かっていましたし、以前は後ろからでも競馬ができていたので、向正面からは折り合い重視で進めましたが、直線ではこちらが思った以上に切れる脚を使ってくれました。喉の手術の成果なのでしょうか、以前の切れ味が戻ってきたように思います」

斎藤誠調教師「石橋騎手には前に付けて積極的に運んで欲しいと指示していました。スタートしてすぐに前をカットされてしまったので、好位に付けられなかったのは仕方なかったと思いますが、それにしてもポジションが後ろ過ぎましたね。せめて中団くらいには付けて欲しかったところです。最後は大外から良い脚を使ってくれて一瞬勝つかと思ったのですが、さすがにあそこまで追い上げるので精一杯でしたね。この後はトレセンに戻って状態を確認してから判断したいと思います」


やはりスタートは議論になるところですよね石橋騎手もゲートを出れば積極的に行こうと思ってたようですが、あまり出が良くなかった上に外の馬に寄られて、引かざるを得ませんでしたそれで石橋騎手は逆に折り合いに専念することに切り替えましたそれで直線は溜めた脚を爆発させることができたのですが、今の府中で大外一気は勝つには厳しかったですね
それが斎藤調教師には不満だったようで、この後どうなるでしょうか?とりあえずレース後の様子が気になるところですが、無事なら続戦でスピカSあたりを選択肢に入れてもらいたいです

170219blackbago.jpg
準OPならレースがたくさんあるから、いろいろ考えられますね
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment