【シルク】リーディング厩舎で

月イチ2歳馬更新第2弾、ウーマンシークレット15の近況です!

ウーマンシークレットの15[父 ダイワメジャー : 母 ウーマンシークレット]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20~22秒のキャンター1,800m

担当者「引き続き、同様のメニューで順調に乗り込んでいます。だいぶハロン17秒のペースにも慣れてきたのか、最初は上がってくれるので一杯だったのが、ゴールまで脚取り軽やかに余裕を持って走れるようになってきています。変わらずストライドの大きく、柔らかい動きを見せてくれているのも好印象ですね。また飼い葉をしっかり食べ、休まずトレーニングを行えていることから、必要な箇所に筋肉が付いてきており、それに伴い馬体重も増加しています。今後は状態を見ながら、ペースアップのタイミングを図っていきたいと考えています」馬体重478㎏


先月とあまり変わらない内容ですが、だいぶ体力がついてきてるようで来月にはペースアップしてるでしょうねにもかかわらず馬体が462→478キロと増えてますので、コメント通り今のペースに慣れてきた証かもしれませんトゥハーモニー15を見てますので地味ながら、ここまで順調にこなせてきてるのが何よりだと思います
先日JRAの授賞式で矢作調教師がインタビューを受けてましたが、昨年は入院で戦列を離れたことがあったそうですが、調教師リーディング獲得しましたからスタッフも優秀なのでしょうそんな厩舎でどんな競走馬として育ててくれるのか?楽しみにしています

170202womansecret15.jpg
矢作厩舎の馬は丈夫なのが何よりの資質ですからね

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment