【シルク】ゲートギリギリセーフ!

一夜明けましたが、ジワジワ嬉しさが湧いてきます。カラルのレース後の様子です

レース結果
カラル
2/5(日)京都5R 3歳未勝利〔芝2,200m・16頭〕優勝[2人気]

あおり気味にゲートを出ると、道中は内目13番手を追走、勝負どころまでじっくり脚を溜め、直線に差し掛かったあたりから追い出しにかかると、一旦は外の馬に前へ出られたものの、ゴール手前、内で粘る馬と外の馬を差し切り見事に初勝利を挙げています。

鮫島克駿騎手「念のため、レース直前に一度ゲート練習を行っていたのですが、先入れだったこともあって、ゲートが開く直前に我慢しきれずに立ち上がる素振りを見せてしまいました。あおり気味に出てしまいましたが、2,200mに距離が延びたことで、大きなロスにはなりませんでしたし、じっくり追走することが出来たことで、上手く脚を溜められました。緩い馬場を気にするところはあったものの、直線で追い出しにかかるとしっかり脚を伸ばしてくれましたから、今回ぐらいの馬場なら辛抱してくれそうです。ゲートの駐立が安定すれば、もっとレース運びがし易くなるでしょうから、気性面の成長が今後の課題ですね。勝ち上がらせることができてホッとしています」

佐々木晶三調教師「トモがまだパンとしていないだけに、馬場が悪くなると厳しいと思っていましたが、緩い馬場でも我慢してくれました。大外枠で先入れが決まっていたので、ゲートが開くまで辛抱してくれないかと願っていましたが、直前で立ち上がってしまいました。発走調教再審査になるかと覚悟していましたが、何とか厳重注意で済みました。出遅れてしまったものの、鮫島克駿騎手がじっくり脚を溜めながら追走してくれたこともあって、最後は接戦をものにしてくれました。競馬を使いつつ真面目に走るようになってくれましたし、まだまだ伸びしろが大きな馬ですから、成長を促していけば古馬になって更に活躍してくれるようになるでしょう。ここまで時間を掛けたこともあるので、一息入れてあげようと思っていますが、放牧前にゲート練習を行い、縛って観念させておこうと思います」


なんと鮫島騎手はレース前にゲート入りの練習をしてくれてたんですね!それでも立ち上がり、出遅れてしまったんですから、発走調教再審査になってもおかしくなかったと思いますでもなんとか厳重注意で済んだようで、ホッとしてます
ここで一息入れるようですが、その前にゲート練習をしてからというオチがついており、カラルにとってはまだ油断できそうにもありません(笑)
できれば春の内にもう1勝ぐらいあげておきたいのですが、今後は長距離戦の選択肢が増えてくるので楽しみです!どのくらいの放牧に出るかによりますが、短いのなら出世レースの大寒桜賞を目指してもらいたいと思います!

170205caral-1.jpg
まずはお疲れ様、カラル!
スポンサーサイト

2 Comments

ロンリーロード  

おめでとうございます

レプティリアさん、ども

カラル勝利、おめでとうございます。
祝辞が遅くなりました。

レースリプレイじっくり拝見しました。ゲートでは立ち上がりスタート大丈夫か?思いましたが、さほど、出遅れもなく、道中、鮫島JKは後ろからじっくり。あの日曜の京都の重馬場でこの位置取りはどうなの?と思って見てましたが、道中もじわじわ中段にポジションあげていき、4コーナーから仕掛け始めて、直線前が開いた所から、コンゴウトシオーと併せ馬の形で抜け出しましたね。勝負根性ありますし、重馬場でもばてない上がり最速37.5の末脚。この子、ひょっとするとひょっとするかもしれませんね。特にお姉さん同様、坂のないコースで、不良,重馬場での中長距離特別/重賞で勝ち負けしそうな馬になりそうですね。

2017/02/07 (Tue) 01:09 | REPLY |   

レプティリア  

ロンリーロードさん

こんにちは^^

ありがとうございます!m(__)m
ジックリ見ると、また違う感慨が湧いてきますね(*^^*)
恐らく道悪は得意なのでしょう。いつもそういう馬場でやれるわけではないので、その辺は一歩ずつ成長していってほしいなと思います(^_^)♪

2017/02/07 (Tue) 13:20 | REPLY |   

Post a comment