【シルク】発走再審査も続戦へ

2戦目は7着で発走再審査へ…カラルの近況です!

カラル[父 ルーラーシップ : 母 ナスカ]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:未定

佐々木晶三調教師「レース後も元気いっぱいで煩くなるといけないと思い、7日から早速坂路で乗り出しました。今週一杯は普通に調教をして、来週から発走調教再審査に向けてゲート練習を行うつもりです。1戦1戦レース振りが上達していますし、佐藤友則騎手は5戦目までには形になると言っていましたので、競馬までの過程をしっかり修正しておきたいと思います」

カラル
 12/4日(日)阪神3R 2歳未勝利〔芝1,800m・17頭〕7着[9人気]

まずまずのスタートを決めると、道中は7番手辺りを追走、3コーナー手前では位置取りが悪くなるものの、勝負処から追いだしに掛かるとジリジリ脚を伸ばして、7着でゴールしています。

佐藤友則騎手「ひと叩きした効果があって、返し馬ではだいぶ行きっぷりが良くなっていました。ゲート入りをゴネてしまいましたが、中では大人しく待ってくれていたこともあり、五分に出すことができました。本当なら勝ち馬がいた辺りでレースを運びたかったのですが、横の馬に接触するとフッと止めるところがあったために、位置取りが悪くなってしまいました。止めるのは一瞬だけで、促していくとまだ根性を出してくれましたし、最後までジリジリ脚を使ってくれました。前半のロスがかなり悔やまれますね。初戦よりはだいぶレース振りが良くなっていますし、あまり間隔を空けるよりはコンスタントに使って良化を促す方が、この馬には合っていると思います。長く脚を使ってくれる馬なので、できれば積極的な競馬をして粘り込む形が合っているのではないでしょうか」

佐々木晶三調教師「パドックでの周回もだいぶ集中して歩けるようになりましたし、返し馬の雰囲気も良かったですね。ただ、ゲート入りを嫌がってしまい、発走再審査を受けてしまいましたが、中では大人しくしているので、しっかり練習をすれば問題ないでしょう。何度か止めようとするところがあったようですが、最後まで諦めずに脚を使ってくれたので、レースを経験していけばその辺りも改善していくようになるでしょう。ジョッキーはもう少し距離を延ばして積極的なレースをする方がこの馬の持ち味を活かせると言っていましたので、次走は発走再審査を受かってからになりますが、2000m辺りを使いたいと考えています。トレセンに戻って状態に変わりがなければ、そのまま厩舎で調整したいと思います」


ゲート入りをごねて、発走再審査となってしまいましたただ、スタート自体は良く上がっていこうとしたのですが、引っ掛かったのを抑えようとして、他馬に接触、ズルズルと後退してしまったのがもったいなかったですそれでも直線は外からジワジワ伸びましたが、7着まで
レース後も何も変わりがないようなので、厩舎で調整して再審査を受けたのち、続戦してくれるようですジョッキーは5戦目までに形になる、前目の競馬をしたほうがいい、等アドバイスしてくれましたので、次は違うジョッキーを試してみてもらいたいと思います。このまま無事に行ってください!

161204caral.jpg
次はデムーロあたり乗ってくれないかなー
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment