【シルク】叩いての上積み期待!このまま続戦検討中

新馬戦に臨んだカラルのレース後のコメントです

カラル
 11/19日(土)京都5R メイクデビュー京都〔芝1,800m・15頭〕9着[6人気]

モッサリとゲートを出ると、道中は促しながら6番手辺りを追走、勝負処で一旦は反応が一息だったものの、直線に入るとジリジリ脚を伸ばして9着でゴールしています。

佐藤友則騎手「返し馬では周りをキョロキョロしながら走っていましたが、許容範囲でしたし、ゲートの入りも一瞬だけ拒んだものの、大人しく駐立していました。ゲートの出は一息でしたが、促して行くとスッと反応してくれましたし、馬群の中に入れても嫌がることもなく集中して走ってくれました。勝負処でスッと反応することができなかったために、同じように上がって行けませんでしたが、最後の直線で追い出しに掛かると長く脚を使ってくれました。心身ともに良化途上の馬だと思いますが、乗り味は本当に良い馬だと思いましたので、成長を促しながらレースを経験していけば先々は走ってくると思います」

佐々木晶三調教師「競馬場についてもう少し煩いところを見せるかと思っていましたが、意外に大人しく、パドックから返し馬までとてもスムーズに行えました。実戦だと耳を絞るなど、気の悪いところは全く出さなかったようですから、走る方に気持ちが向いてくれたのは収穫ですね。今回の感じなら次走もしっかり走ってくれるでしょうし、あとは成長を促しながら使っていけばピリッとしてくると思います。トレセンに戻って状態に変わりがなければ、このまま続戦させたいと思っています」


内枠の奇数番だったため最後の馬がなかなかゲート入りせず、かなり待たされたのでハラハラ心配しましたが、スタートは思ったより悪くなかったですそれでもダッシュがつかなかったので、佐藤騎手はだいぶ追っつけて、道中は中団内目。その間にだいぶ揉まれてたように見えましたね
前半の1000m通過が63秒6。京都の外回りなので3角の下りを利して、ペースアップできれば良かったのですが、そこでもモタモタこれが状態が良ければ、もう少しついていけてたと思いますが、直線に向いて残り200ぐらいからようやく加速した感じで、そのままなだれ込んで9着でゴール23000万ホースのダブルバインドには先着しました(笑)
佐藤騎手も佐々木師も実戦に行ってのほうが良かったと感じたようですし、このまま何もなければ続戦してくれるようですので、叩いての良化に期待したいと思います!
番組表を見ると、中1週~中3週だと想定して、12/4の阪神芝1800、12/11の中京芝2000、12/17の阪神芝1800あたりに出てきてくれると嬉しいですね

161119caral.jpg
いい馬体してるから絶対勝てるはず!

caral馬体重シミュレーション
当日の馬体重は486キロ。一口馬主DBのこれは当たる!

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment