【シルク】ジョッキー跨って一週前

カラルより一足先にデビュー予定のインハーフェイバーの近況です!

インハーフェイバー[父 ワークフォース : 母 シーズインクルーデッド]
インハーフェイバー
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター 3日にCWコースで追い切り
次走予定:京都11月12日 メイクデビュー京都・ダート1800m[福永祐一]

助手「3日に福永騎手に騎乗してもらい、CWコースで追い切りました。騎乗した福永騎手は『前半は少し行きたがる素振りを見せていましたが、折り合いを欠くことはなかったので心配ないでしょう。ワンペースなところがあり、追い比べになると併走馬に見劣る形になってしまいましたが、最後まで長く脚を使ってくれました。まだ成長途上の感じがあるので使いつつのタイプかもしれませんが、気持ちは前向きな馬ですから、初戦から頑張ってくれるでしょう』と言っていました。普段の調教でもワンペースなところが窺えましたから、芝よりはダートの方が甘さもカバーできると思います。この中間も飼い葉をしっかり食べて体調はいいので、来週の競馬に向けて調整していきたいと思います」

インハーフェイバー
 福 永 11. 3CW稍 98.2- 82.1- 66.3- 51.5- 37.5- 12.7[4]馬なり余力
  ステイオンザトップ(新馬)末一杯の内0.2秒遅れ
インハーフェイバー
 助 手 11. 1栗坂良 58.3- 43.0- 28.2- 14.0 馬なり余力


昨日は福永騎手に跨ってもらって、感触を確かめてもらいました併せ馬の相手は先週に引き続き、シルクの僚馬ステイオンザトップでしたが、向こうも素質馬ですから遅れてしまいましたダートを走る馬にありがちなワンペースタイプっぽいですが、センスはありそうですし、折り合いはついていたようなので、そのへんをうまく生かして乗ってもらえれば、と思いますこのまま行けば、インハーフェイバー、カラルと2週連続で愛馬デビューということになります

161025inherfavor.jpg
使いつつ…ってところがポイントになりそうです
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment