【天皇賞秋】もっと締まったレースが見たかった

昨日は天皇賞秋でしたねでも僕は仕事で外にいたので、リアルタイムでは見られませんでした
昔に比べて、ワクワクするレースは減ったように思いますが、2008年のウオッカvsダイワスカーレットのような勝負が見られれば、まだまだ盛り上がれるレースだと思うんですよねー
そういう意味で昨日はマイルから参戦のモーリスと世界を制した逃げ馬、エイシンヒカリがいたことで非常に戦前は楽しみにしてました
去年もエイシンヒカリは参戦していてスローに落として惨敗してたので、今年は「肉を切らせて骨を断つ」レースをするだろうと思ってたのですさらにエイシンヒカリにとっては願ってもない1枠1番。もう逃げてくださいと言わんばかりの舞台が整いましたからね
ところがゲートオープンすると、ヒカリは逃げはしたものの、1000m通過がなんと60秒8!後続は半馬身ぐらいしか離れてませんでした。もっと引き離して、飛ばしてほしかったのに…もちろん過去10年で最遅ペースです
ディープ産駒とはいえ、瞬発力勝負向きのタイプではないだけに、もったいない競馬をしました。鞍上武豊だったので、よけい不可解な思いがぬぐえませんでしたね~。
リアルタイムで観られなかったため、何かあったのか?と思いましたが、どうやら調子が本当ではなかった?ようなことが掲示板では書かれてましたが、それは結果論かもしれないし、よくわかりません
ちなみに過去10年で一番タイムが遅かったのは2014年の1分59秒7。それ以外は1分58秒台以上の時計で走ってることからも、昨日のレースが物足りないものだとわかると思いますマイラー・モーリスにとっては絶好のペースだったでしょうね。もっと持久力勝負になってほしかった
ちなみに仕事でレース結果の知らない僕のところに、レース後にやってきた会社の上司が開口一番「天皇賞はモーリスだったよ」と言ったことは内緒です(爆)

天皇賞・僕の印
◎アンビシャス
〇ステファノス
▲ロゴタイプ
△モーリス
△アドマイヤデウス
△サトノノブレス
×ヒストリカル
×エイシンヒカリ

しかし、横山ノリって人は天皇賞になると、なんでいつも追い込み一辺倒なんだろ?(笑)

981011silencesuzuka@mainichi-crown.jpg
あの夢の続きを見たかった…

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment