【2016シルク募集馬】種牡馬の人気は?二極化進む

現在26頭が満口となり、その抽選結果が耳目を集めてるわけですが、今回は馬たちの父は何が人気だったのか?をフィーチャリングしてみたいと思います募集された頭数に対し、何頭が満口になったかという形で紹介します複数頭募集された種牡馬のみを対象とします

ディープインパクト 4/7頭(牡1頭 牝3頭) 満口率57%
キングカメハメハ 2/5頭(牡1頭 牝1頭) 満口率40%
ハーツクライ 2/7頭(牡1頭 牝1頭) 満口率28%
ステイゴールド 2/6頭(牡2頭 牝0頭) 満口率33%
ダイワメジャー 1/4頭(牡0頭 牝1頭) 満口率25%
オルフェーヴル 3/3頭(牡1頭 牝2頭) 満口率100%
ロードカナロア 4/4頭(牡1頭 牝3頭) 満口率100%
ルーラーシップ 2/3頭(牡1頭 牝1頭) 満口率67%
ゴールドアリュール 1/2頭(牡0頭 牝1頭) 満口率50%
ダノンシャンティ 1/2頭(牡0頭 牝1頭) 満口率50%
ハービンジャー 0/3頭
エンパイアメーカー 0/2頭
ヘニーヒューズ 0/2頭
ワークフォース 0/2頭

以上です。なんとトップは新種牡馬オルフェーヴルとロードカナロアの2頭です目玉と言える馬の募集はありましたが、ディープキンカメを差し置いて、全馬満口とはすごいですね後は1頭募集で満口の馬が4頭います。
シルク全体の傾向としては、売れる馬と売れない馬が二極化が進んでますねキャロと比較したのですが、キャロディープの1頭を除き、主要馬はどの種牡馬も満口になってます二次募集まで行ってますから一概には言えませんが、シルクは良血や評判が良い馬は売れるけども、それ以外の馬は余るという
二次募集以降も満口馬を増やすためには、その辺が課題になってくるかも。まぁ抽選で落ちた人たちが一気に買って、満口馬が一気に増える可能性はあるでしょうけど、キャロほど根こそぎってこともない気がします
とりあえず、その前にボーダーラインの公表と、抽選結果の発表に注目ですね明日には発表になるかな?

161004silk_申し込み状況
この馬たちの行方は果たして…?
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment