【2016キャロ&シルク募集馬】値付けに見るNFの思惑その2

昨日の続きです。昨日はキャロの「ハンパ馬」について取り上げました。→【2016キャロ&シルク募集馬】値付けに見るNFの思惑その1
今日はシルク編ですシルクの場合は、500口なので5の倍数の価格にするのが基本です。なので通常なら1000、1500、2000…となっていくはずです。しかし、なぜかそうじゃない価格の馬がいるので、それらをピックアップしていきますただし、1800万の馬は400口でも500口でもバンバン登場するので除外とします。
確か去年もそうだったように記憶してますが、シルクはキャロと違って、まぁ半端な価格の馬が多いこと多いこと今年はさらに新たな価格帯が出てきたように思いますそれでは行ってみよう!

3.モシーン15(父ディープインパクト) 5500万円 牝 美・木村
5.プリティカリーナ15(ハーツクライ) 3200万円 牝 美・田村
9.ラトーナ15(父ステイゴールド) 3200万円 牡 美・木村
11.ターシャズスター15(父ステイゴールド) 2200万円 牝 美・斎藤
15.シャルロットノアル15(父ルーラーシップ) 2800万円 牡 美・中川
16.サマーハ15(父ルーラーシップ) 2800万円 牝 美・木村
28.ツィンクルブーケ15(父ヘニーヒューズ) 1600万円 牝 美・大和田
39.ケイティーズベスト15(父ハーツクライ) 2200万円 牝 栗・角田
40.ベルベットローブ15(父ハーツクライ) 2200万円 牝 栗・野中
49.ウイッチトウショウ15(父ダイワメジャー) 2800万円 牝 栗・吉田
50.クルージンミジー15(父ヴィクトワールピサ) 1400万円 牝 栗・吉田
62.モンヴェール15(父ヘニーヒューズ) 2800万円 牝 栗・池添学
65.マザーロシア15(父Ghostzapper) 2200万円 牝 栗・松永幹

以上、13頭もいます。キャロは4頭でしたからね~。いかに多いかしかし、牝馬が圧倒的に多いのはキャロもシルクも同じですこの中に自分が注目してる馬も何頭かいます
キャロは半端でも、すべて一口65000円というように5000円単位でしたが、シルクはホントにハンパな価格44000円とか56000円とか。元々が500口なので5000円単位にしようと思うと、募集価格が2750万円などというようにハンパになっちゃうんので、サクッと50万とか上げてるんでしょうね
3番が入ってるのは昨日も言ったように、5000万を超えると1000万単位で上がっていくところを500万だけ積むというのは何とも意味深だなと思って、この中に入れました
その3を含めて、キムテツ厩舎の馬は3頭とも全部ハンパ馬これはNFから寵愛されるキムテツ師だからの上積みか?はたまた、ホントはもう少し高いところを厩舎で(?)少し値引いた価格なのか?興味深いですね~
同じように、49と50もNFからひいきにされている吉田厩舎で2頭ともハンパ馬。こちらもどういう意味を込めての値付けか…?うーん、怪しい
今年は2800万という新たな価格が出てきましたね。ちなみに僕が出資していたローブデソワは1600万でしたし、2歳のインヘリットデールは2200万円でしたソワは4勝挙げてOPまで行ってくれたので、インヘリットデールへの期待も高まります
ここに書いたことはすべて僕の推測にすぎませんが、これはオカルトなのか?信じるか信じないかはあなた次第です

あなた次第2
フリーメイソンの3WAYバッグ出たね
スポンサーサイト

2 Comments

まーく  

こんにちは~
この半端な価格に関する考察は面白いと思いました。
クラブの馬なんでセリを通してるわけでもないので、ノーザンの言い値みたいなものだと思うのですが、その時にどういう値段をつけるかをノーザン側になって考えるとそういう考察もありえますよね。

2016/09/01 (Thu) 17:23 | REPLY |   

レプティリア  

まーくさん

こんばんは^^

ありがとうございます<(_ _)>
これは去年インヘリットデールの価格を見たときから思ってたことだったんですよ('◇')ゞ
NFの思惑で値付けがされてるのなら、キャロとシルクがセレクトセールで同じような価格で落札したディープ産駒が1000万も違うのも訳あり?とか勘ぐっちゃいますよね~(^-^;

2016/09/01 (Thu) 20:52 | REPLY |   

Post a comment