【2016キャロット募集馬】測尺までを見て

今日ぐらいまでにはキャロのカタログが届くかと思ってたのですが、新規の人には昨日発送したということで、まだ届いておりませんなので、測尺までを見て、僕がいいなと思った馬をピックアップしてみたいと思います
ただ、新規の自分が出資するためには母優先馬や抽選必至の馬は絶対無理なので、それらは省いてのジャッジになります
まず募集馬発表になった時から、一番の狙い馬だと思っていたプロミネント15(父ハーツクライ)が募集中止になってしまったのは残念でしたまぁ結構狙ってた人も多かったっぽいので、僕が行くには厳しかったかもしれませんが

55.ビアンカシェボン15(父ロードカナロア) 牝 栗・浜田 1800万円 152.0 175.0 19.5 442
60.ジェシカ15(父エイシンフラッシュ) 牡 栗・中内田 2000万円 155.0 177.0 20.5 436
65.ピューリティー15(父ダイワメジャー) 牡 栗・松永幹 3600万円 153.5 171.0 19.9 430
74.ラフィントレイル15(父ネオユニヴァース) 牡 栗・池添学 2600万円 157.0 172.5 20.2 431

残念ながら関東馬はいませんでした。候補がいたのですが、測尺で引っかかってしまいました血統だけから価格&厩舎で少し絞られ、さらに測尺でだいぶ絞られますね。ちなみに僕の場合、管囲と馬体重を重視します。管囲は19.5以上、馬体重は420キロ以上です
55は新種牡馬カナロア産駒で母父フジキセキ。しかも母母父トニービン。トニービン好きとしては見過ごせませんカナロアがND過多なので、フジキセキのところで全く入らないのもグッドです。
60はシルクにはいなかったエイシンフラッシュ産駒。しかも母は去年シルクで募集されていた馬。今年の方が良かった…。母はダイナカール牝系ですのでドゥラメンテに近い配合ですね。
65は少し高めですが、姉に出資していた人が行きそうなので無理かもしれませんが、馬体がメジャーっぽかったら気に入ると思います。厩舎が少し微妙ですが
74はネオユニ産駒でスピードの足りない父はNDもミスプロも持たないので、キンカメとは逆にその二系統からぜひともスピードを補いたいところ。その点、この母はミスプロにND×3本を持ってますから十分ですね
以上、測尺までを見てピックアップしましたが、またカタログを見て印象が変わってくると思いますので、カタログを見るのが楽しみです

2015carrot_cata.jpg
今年はまた全然違う表紙のようですね…
 
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment