【2016シルク募集馬】8.19以降、急上昇ホース

リオオリンピックも終盤に差し掛かり、あっという間に明日閉会式だということですが、陸上の4×100mリレーの銀メダルは興奮しましたね~最後の直線を向いたときはジャマイカと併せ人になってましたから(笑)、一瞬夢見ましたでも日本人にとって陸上短距離はずっとコンプレックスのジャンルでしたからねアメリカにガチで勝てたことと、銅ではなく銀メダルだったことに価値があると思います競馬を観てる者からすると、やはりトラック競技は盛り上がります

さて、おととい発表になったシルクの募集馬の価格と厩舎ですが、それを見て急上昇した馬をピックアップしてみたいと思いますいつものように検討数が1日で5以上増えた馬を対象として、併せてその理由も推測してみます
毎年のことですが、価格や厩舎を見て、ガッカリすることがありますので、そのかわりとなる馬に注目して急浮上してくる馬というものがいますからね。また、カタログを見たら、その時にはそういう馬が現れると思いますが、とりあえず現時点での【急上昇ホース】を挙げてみます

ピラミマ15(父ディープインパクト) 牝 栗・石坂 5000万円
【理由】これはディープの中で最安だということと、なにより厩舎が大きいですね。他のディープが軒並み想定以上だったなか、これはその範囲内だったように思います。しかし、今のディープは最低このくらいなんですねぇ…。

キラーグレイシス15(父ハーツクライ) 牡 美・新開 2500万円
【理由】これは牡馬で母がG1勝ち馬にも関わらず、価格が安かったからでしょうね。こういう場合、カタログを見てガッカリというパターンも多いのですが、さてどうでしょうか?

ウィルパワー15(父ステイゴールド) 牡 栗・音無 3500万円
【理由】最後の世代となるステゴ産駒。にもかかわらず、ディープに比べて手ごろな価格と厩舎でしょうか。ステゴはミスプロ系と相性があまり良くないですが、リアルインパクトの甥っ子ということもあるかな?

アートプリンセス15(父キングカメハメハ) 牡 美・国枝 5000万円
【理由】これはいまいちよくわかりません。サンデーなしのキンカメですし、母は米G1勝ち馬の姉だそうですが、血統的に見ても「おっ!」と思う部分もありません。元々人気の高かった馬ではありますが、さらに注目度を上げています。

ブラックエンブレム15(父オルフェーヴル) 牝 美・小島茂 3000万円
【理由】これはひとえに価格でしょうね。これまでの兄姉はずっと性別にかかわらず5000万だったところ、一気に2000万ダウンですから、そりゃ注目集まりますね。今年も厩舎は変わらずですし、これに奮起してもらいたいと思います。

シルクユニバーサル15(父スマートファルコン) 牡 美・加藤征 2500万円
【理由】これは価格と厩舎がかなり納得だからだと思います。一番しっくりしますね。厩舎はダートホースを育てるのが得意ですし、先日もグレンツェントが重賞制覇。いいタイミングですね。ダート馬狙いの一番人気でしょうね。

以上です。皆さんの思惑は結構似たようなもので、一部のパワーゲームを望む方以外は価格&厩舎で一喜一憂しますよね僕のような零細は抽選に懸けるしかないので、希望する馬とその人気というものを天秤に掛けながら一次募集に向けて、戦略を練っていきたいと思います

1218ust02.jpg
今年は仕事で検討会も行けそうにないな…
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment