【2016シルク募集馬】往く人来る人

昨日発表になった募集馬の価格と厩舎で、話題の中心は「高い」と評判の値付けのほうに行きがちですが、僕自身は厩舎も大事だと思っておりますので、去年いたのに今年いない厩舎と、去年いなかったのに今年入ってきた厩舎を調べてみました
去年は追加募集の分も含めて72頭の募集、今年は今のところ65頭の募集となってます
※一応チェックしましたが、抜けや漏れがあるかもしれませんので、ご容赦ください

【往く厩舎】
<美浦>
田中剛
上原
和田雄
伊藤大
小西
勢司 ※追加募集
牧 ※追加募集
小島太 ※定年のため

<栗東>
荒川
大久保龍
今野
中内田
村山
牧田
橋口慎 ※追加募集

【来る厩舎】
<美浦>
新開 キラーグレイシス
和田正 シルクプリマドンナ 
武井 ミスティックリップス
中川 シャルロットノアル
栗田徹 バグダットカフェ
竹内 セレブレイトコール

<栗東>
野中 ベルベットローブ
西園 サダムジュラングテ
藤岡 ディアアドマイヤ
西村 アフリカンピアノ
奥村 バシマー

結構入れ替わりがありますね関東は結構多いですが、小島太厩舎は来年定年ですし、勢司、牧厩舎は追加募集で加わったので、今年もあるかもしれません関西の橋口慎介厩舎もそう。親父の後を継いで、今後実績を挙げていけば、すぐにラインナップされると思いますあとは野中、西園、藤岡厩舎は以前シルク馬預かっていたことがあるように記憶してます(うろ覚えです)。関西で消えたのは、大久保、荒川、中内田厩舎など、結構実績のあるところが外されてますので、ちょっと驚きです…今野厩舎は仕方ないでしょうね
この中で一番注目してるのは地味なんですが、美浦の中川厩舎ですね以前、東サラ時代に庄野厩舎でレッドスピリッツが放置されていて、スーパー未勝利の時期になって転厩という事態に!その時に受け入れてくださったのが中川厩舎で、時間がない中、わずか1戦でしたが、一生懸命やっていただいたので、良い印象があります
その後、一口関係なく注目して見ていたら、去年ゴールドアクターでブレイクマジックタイムでも重賞勝ちを収めて、徐々に頭角を現してきました
一口をやるうちに、厩舎の大切さを痛感しましたので、今年も血統・馬体・厩舎を吟味して取捨選択していきたいですね

20150927fusaichipandora15.jpg
この馬も国枝厩舎だからアウトか…残念!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment