【2016シルク募集馬】注目度の高い馬ベスト10

キャロの募集価格と東西振り分けが発表され、その強気な価格設定にブログや掲示板は盛り上がってますが、シルクも明日価格と厩舎が発表になりますキャロはまだ厩舎がわかってないので、後から募集になるシルクがここで一歩前に出ることになりますキャロとシルクを掛け持ちされている方にとっては、ここから1か月半ぐらいの間、慌ただしい日々が続きそうです
今月の「競馬最強の法則」にセレクトセールのレポートが載っておりましたが、今年はとにかく落札価格が高くて、例年買えるオーナーが「買えない」とぼやいていて、買えるまで粘って最後まで帰る人がいなかった、と書かれてました
その影響もあるのでしょう、NFは強気に出てキャロの募集価格も高騰し、一次募集では5口制限というルールも加わったことで、今年は例年10口単位で行く人が減って小口で買える人が増えるのか?はたまた高くて買えないからと、シルクに流れてくる人が増えるのか?今のところなんとも言えません
シルクオンリーの僕からすると、ディープなど良血産駒はシルクと掛け持ちしてる人に行きわたって、シルクでは別の穴馬狙いで来てくれるとありがたいところです(笑)
ちょっと前に記事にしました検討数から見る満口予想の続きとして、検討数の最新状況をチェックしてみましたその結果から今の人気ベスト10を出してみました

1.レーヴドスカー(オルフェーヴル) 牝
2.ブラックエンブレム(オルフェーヴル) 牝
3.メジロフランシス(スクリーンヒーロー) 牡
4.モシーン(ディープインパクト) 牝
5.サマーハ(ルーラーシップ) 牝
6.プチノワール(ディープインパクト) 牡
6.パーシステントリー(ディープインパクト) 牡
6.キューティゴールド(ダイワメジャー) 牡
9.ピラミマ(ディープインパクト) 牝
9.アートプリンセス(キングカメハメハ) 牡

タイムラグの関係で検討数は変わる可能性があるので書きませんでしたが、6位と9位が同点で複数います。やはりというか意外というか今年の目玉、レーヴドスカーとメジロフランシスが上位にランクイン。意外だったのはディープの最上位が4位で、牝馬のモシーンだったことです。それ以外のディープも10位以内に3頭入ってるので、よけいにモシーンの最上位が光ります他にもサマーハやアートプリンセスが入ってること、そして全体的に牝馬のほうが上位に来てることも意外でした
恐らくここに入った馬たちは先行募集で満口になることでしょう。そして上でも述べたように、今年は昨年以上に上位人気馬の争奪戦が激しくなりそうですので、自分の希望する馬をピックアップして、それが先行で満口になりそうかどうか?一次募集ではそれを第一に考え、取捨選択して申し込みたいと思います

2015抽選結果
去年のようにうまく行けばいいのですが…
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment