【シルク】なぜダートにこだわる…

あぁ、結局前走は怪我の功名だったのか…ディライトクライのレース後コメントです

ディライトクライ
 7/23(土)中京3R 3歳未勝利(混)[D1,400m・16頭]16着[7人気]

好スタートから気合いを付けて先行し、道中は逃げ馬の外に並ぶように2番手を追走、そのまま2番手キープで4コーナーを回りましたが、直線に入ると徐々に脚色が鈍って後退し、後方に敗れています。

荻野極騎手「前回はゲートで後手を踏んだことで砂を被って嫌がるところがありましたから、外枠ならその点スムーズな競馬をすることが出来ますし、良い方に向いてくれると思っていました。思いのほかゲートの出が速かったので、あまり外々を回るのは余計に距離を走ることになりますから、早目に内目の方に入れることにしました。勝負処までは良い感じで走ってくれましたが、仕掛けに入ると手応えがバッタリ無くなってしまいました。前回の競馬と比較をすると、脚を溜めて終いを活かす競馬の方が良いのかもしれません」

今野貞一調教師「前回はゲートで後手を踏んでしまったので、今回は出たなりの位置で上手く脚を溜めながら追走出来ればと乗り役には言っていましたが、あれだけゲートの出が良いと大外枠でもありますし、中途半端に追走するより早目に内に入れるのは仕方がなかったと思います。今回の競馬を見ていただいても分かるように、力で押し切れるほど体力のある馬ではありませんから、現状はじっくり脚を溜めて徐々に押し上げて行く形が良いのかもしれません。北海道開催も検討しましたが、小倉開催のダート1700mなら比較的に早仕掛けで上がって行く馬が多く、展開が向きやすい傾向にありますから、そちらに向けて調整して行きたいと考えています。どれだけ節を空けないといけないかどうか分かりませんが、いつでも出走できる態勢に整えておきます」


ひょっとしたら今回で最後かも?という思いで臨んだ1戦でしたが、なんともガッカリな結果に…大外枠だったこともあり、好スタートを切るかもと思いましたし、実際そうなったときは前走と真逆の序盤だっただけに「よし!」と思いましたしかし、外を回らされるのを嫌って押していったために番手を追走することになり、ハイペースに巻き込まれてしまいました前後半34.5-38.8とすごい前傾ラップですから、シンガリ負けするのも致し方のないところですこれで次はいつ出られるかわかりません出資者としてはもう一度芝を使ってもらいたいのですが、今野師は小倉ダートを考えてるようですね。今度は後ろから捲る算段のようです。頭数が少ないとすぐ出られますが、そうすると狙いのハイペースにはならなそうだし、多頭数だと出走できなさそうなので、痛し痒しです北海道の2600とかだったら望みがあるかなぁと思うんだけどねぇ…

160723delightcry.jpg
運良く出られたとして、泣いても笑っても次が最後の1戦です…
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment