【シルク】レース→放牧でひとつずつ

昇級初戦は残念な結果に終わりましたが、タイムレスメロディの近況です

タイムレスメロディ
 16(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

タイムレスメロディ
 7/16(土)中京9R タイランドC 500万下(牝)[芝1,400m・18頭]11着[11人気]

出遅れ気味のスタートとなり、道中は中団の後方を追走、残り600m付近から進出し、直線では内目の馬群を捌いて前を窺いましたが、ジワジワとした伸びで順位を上げられず、中団で流れ込んでいます。

中谷雄太騎手「久々が影響したのでしょうか、ゲートの出が思っていたよりモッサリだったので、考えていたより位置取りが後方になってしまいました。軽く促すとグッとハミを取って行く気を見せて、あれ以上追っ付けると掛かる恐れがあったので、無理させませんでした。流れに乗れていましたし、手応えも悪くなかったので、もう少し終いの脚を活かせるかと思いましたが、緩い馬場が影響してジリジリとしか伸びませんでした。着順ほど負けていませんし、ひと叩きして気持ちの面がピリッとすれば、もっと際どい競馬が出来るでしょう」

高野友和調教師「未勝利を勝ち上がった時と比べると、皮膚病の後が残っていたように、決して状態が良かったとは言い切れません。それでも着順ほど負けはしなかったですし、昇級初戦としては悪くない内容だったと思います。非力な馬ですから緩い馬場も堪えていましたし、その中で最後まで気持ちが途切れることなく頑張ってくれたので、次走に繋がる競馬が出来ました。このまま続戦させるよりは、短期放牧を挟みながら出走させていく方が今の段階では合っていると思いますので、レースを終えてその日のうちにノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。牧場で状態を確認してもらってから次走について検討させていただきます」


前走より調整過程としては良くなかったようですが、それでもそれなりの期間を取ってレースを迎えることができましたので、どこまでやれるか楽しみにしてましたしかし、まだまだ力不足だということを痛感しました。勝ち馬を含め、上位に来た馬たちを見てるとパワフルさを感じますが、この馬にはそれがまだありません馬体重を含めて、ひとつずつ段階を踏みながら力をつけていってもらいたいと思います高野師もそれをわかってるようですから、今回も速攻しがらきに放牧に出ました次に出てくるときは秋かもしれませんね

160716timelessmelody.jpg
1つ勝ち上がったから、後は慌てずに行こう!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment