【シルク】判で押したような

屈腱炎のブライトエンブレム、今は我慢の時です

ブライトエンブレム[父 ネオユニヴァース : 母 ブラックエンブレム]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「引き続き舎飼でゆっくりさせています。患部の状態は大きく変わりませんので、まだしばらくはゆっくりさせることになりそうですが、馬が若いぶん回復も早いでしょうから、一般的な屈腱炎の場合よりも早く運動を始められる可能性はあると思います。定期的に状態を確認しながら、運動再開のタイミングを見極めていきます」

ブライトエンブレム[父 ネオユニヴァース : 母 ブラックエンブレム]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「まだ患部の腫れが目立ちますので、引き続き舎飼で療養に専念しています。今後の回復具合によって前後しますが、半年後ぐらいに乗り出し、1年後ぐらいの復帰というのが、現時点でのごく大まかなスケジュール感になるのではないかと思います。一緒にクラシックを戦ってきた相手を考えれば、能力は相当なものを持っている筈なので、何とか復活させたいと思います。馬体重は514㎏です」

ブライトエンブレム[父 ネオユニヴァース : 母 ブラックエンブレム]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「引き続き舎飼で休養させています。ある程度時間を空けてから改めて詳しい検査を行い、回復具合を見る方向ですので、それまでゆっくりさせることになると思います。運動しないことで、ストレスが溜まったり体調を崩したりしないよう、気を付けて管理していきます」

ブライトエンブレム[父 ネオユニヴァース : 母 ブラックエンブレム]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:舎飼
次走予定:未定

担当者「12日に函館競馬場で検査を行い、夕方にこちらに戻ってきました。屈腱炎の診断でしたので到着後は舎飼で休養させています。回復具合を見てからでないと、復帰にどれぐらいの時間が必要なのかの判断も明確には出来ない状況ですので、しばらくはこのまま舎飼で療養に専念することになると思います」


屈腱炎を発症してから1か月余り…。ブライトエンブレムは毎回判を押したような同じような近況です仕方ありません、これからもしばらくはこういう感じでしょうし、いつ復帰できるかメドも立ってませんしねただ、最新の近況では若いから思ってるよりも早めに運動再開できるかも、というコメントがありますから、それに今は希望を見出して待ちたいと思います

140906brightemblem-2.jpg
もう一度この雄姿が見たい!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment