【勝手にライバル視】インヘリットデール編

ちょっと間が空いてしまいましたが、近況とともに「勝手にライバル視」インヘリットデール編です!

インヘリットデール[父 ルーラーシップ : 母 フサイチエアデール]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20~22秒のキャンター2,400m

担当者「この中間もハロン15秒の調教をメインに調整していますが、動きがしっかりしてきて、走るフォームも安定してきましたね。気合い乗りもほど良いですし、毛ヅヤも良く体調面も問題ありません。秋以降の入厩になると思いますが、まだ時間もありますので、タイミングを見ながらペースアップしていく予定です」馬体重477㎏


こちらもカラル同様、変わりなく順調ということで、このままの調子が続くようだともう何も言うことはありませんね(笑)。馬体も大きく増えることもない代わりに、減ることもないという極めて安定した馬です画像も毎回非の打ちどころがないように自分には見えます。今回は動画も更新されましたが、15-15でそこまで進んではないですが、秋に入厩することを考えると今はこのぐらいでいいのかなと思いますとにかくこのまま予定通り進んでくれることが今は重要ですね

160608inheritdale.jpg
ホレボレするなぁ



さて、ここからが「勝手にライバル視」。今回も2頭ピックアップします
まず1頭目、スプレンダークラン(母スカーレットレディ)です。

スプレンダークラン 牝 栗・池添 サンデーレーシング
これはヴァーミリアンキングスエンブレムソリタリーキングらの半妹ですね。母はスカーレット一族で名繁殖です近年はあまり活躍馬を輩出できてませんが、Kingmambo系との相性は抜群ですからね。新種牡馬ルーラーシップとも合うと思いますフサイチエアデールとスカーレットレディはひとつ違いで、2頭とも高齢なところも共通点を感じるところです秋入厩も同じなので、一緒のレースでデビューとかなるとすごい盛り上がりますね

次に挙げるのはレクセル(母エポキシ)です。

レクセル 牝 栗・高野 キャロットファーム
これはもう厩舎が一緒ですからね~ライバル視せざるを得ません。母はディープ産駒で、これぞノーザンファームの最新血統という感じですよね母系はキャロ血統で叔母のアンジュシャルマンは先日の新馬戦開幕週にいきなり新馬勝ちしてましたから活気のある血統だと思いますどうやらもうしがらきまで来てるようなので、始動も早そうということで、その走りには注目していきたいと思います

以上、2頭をピックアップしましたが、やはり父がクラブ出身の馬なので、その産駒も募集馬に良い仔が入ってる可能性が高いと思うのは気のせいじゃないと思うのですが、いかがでしょうか?
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment