【シルク】調教強化でも馬体増♪withダービー回顧

いやー今日はテレビでダービー観戦でしたが、いいレースを見せてもらいました結局掲示板は皐月賞の1~5着の順番が替わっただけで、穴馬の出番はありませんでした
今日の馬場はかなり高速で、どのレースも時計が出てました。なのでダービーも1000メートル通過が60秒フラットということでしたが、スローだったと思います。その結果、上位陣は皆33秒台の上がりを求められる展開となってしまいました。自分の本命にしたダノンシャンティもそういう馬場やレースが得意だと思い、軸にしましたがちょっと位置取りが後ろ過ぎました
上位3頭の勝負の分かれ目は4角を回ってからでしょうね。1番枠だったディーマジェスティは外に持ち出し、3番枠のマカヒキは終始内にこだわり、馬群が開くのを待った。そしてサトノダイヤモンドはマカヒキの直前にいて、そのまま真っ直ぐ駆けていれば勝てたかもしれませんが、外にモタれたその間を縫ってマカヒキは伸びてきたのですから、悔しいですね。なんせハナ差ですから
まぁ、でもその馬群で開くかわからないポジションでも外に回さず、内に突くことができた川田Jの好騎乗でしょう。人気の一角でもあり、脚を余す可能性もあったわけですから、肝の据わった乗り方だったと思います
これで金子オーナーはキンカメ、ディープに続き、3頭目のダービー制覇。今年も3頭出しですから、金子さんこそ一口始めたらいいんじゃないですかね?(笑)僕はすぐに入ります(笑)

----------------------------

さて、2歳馬更新第2弾、インヘリットデールの近況です

インヘリットデール[父 ルーラーシップ : 母 フサイチエアデール]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20~22秒のキャンター2,400m

担当者「この中間はまた元のメニューに戻しています。リフレッシュ後は、キャンターの行きっぷりや調教後の常歩など雰囲気がとても良くなりました。馬体重は増加していますが、体つき自体は締まってきていますし、筋肉が付いて馬がしっかりした印象です。今後もメリハリを付けた調整で上手く成長を促していきたいですね」馬体重479㎏


この馬も秋の予定だと思いますが、だいぶ成長してきたので、もう少しペースアップしたら入厩できるのであれば入厩してくれると嬉しいんですけどねぇ前回リフレッシュさせてましたが、その効果で今回は雰囲気が良くなったということで、馬体は引き締まりつつも数字は増えてきましたこの調子でどんどんしっかりしていってくれれば、ゴーサインも早まる可能性もあるかもしれませんね

160513inehritdale.jpg
いい馬体なのに、POG本にはほとんど取り上げられていない
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment